Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。
 


■ ☆告知☆ 秋の大収穫感謝祭 2017年10月05日(木)

  今週末のフラノマルシェはイベントが盛りだくさんです!

10月7日(土)、8日(日)、9日(月祝)の3日間は
フラノマルシェ1の屋外にて、
JAふらの×フラノマルシェ オガール店のステキな企画
「秋の大収穫感謝祭」
〜ふらの産おいしさ再発見・超お買い得な3日間〜
と題して特設テント村を設営し、ふらの産秋の野菜を
お得にご購入いただけるイベントが開催されます!

野菜詰め放題や、一升枡での計り売り、
また、7日・8日の11時からはJAふらの女性部による
豚汁無償配布イベントも♪
※数量限定のため無くなり次第、終了とさせていただきます。

【日時】10月7日(土)、8日(日)、9日(月祝)
    午前10:00〜午後3:00
【場所】フラノマルシェ・オガール店前特設テント村

なお、この3日間もオガールの店舗は通常通り、
そしていつもよりお得な商品を取り揃えて元気に営業しております。
どうぞお立ち寄りください!!

★こちらの可愛いポスターは、オガールのN店長が心を作成されたものです。
テーマをお聞きしたところ「愛です」とのことです!
愛情たっぷりに育てられたふらの産のおいしい野菜に出会える3日間です!
 


■ 「フラノマルシェはまちをどう変えたか」発売のお知らせ 2017年10月04日(水)

  素敵なお知らせです!!
10月14日(土)、学芸出版社より、
「フラノマルシェはまちをどう変えたか」なるビジネス本が発売されます!

石原武政/大阪市立大学名誉教授、
加藤司/大阪商業大学総合経営学部教授、
風谷昌彦/株式会社アズマネジメントコンサルティング代表、
島田尚往/株式会社あかしべ代表取締役
の4氏による共著。
第三者の客観的な視点でフラノマルシェが分析された一冊です。

Amazonや楽天ブックス、紀伊國屋書店、hontoでご購入いただけますし、
フラノマルシェでも販売予定ですので、ぜひお買い求めください!
 


■ ハロウィン仕様 2017年10月03日(火)

  フラノマルシェの施設内、お客様に秋を感じていただこうと
秋仕様となっておりますが、実はハロウィン仕様にもなっています!

日本国内でもこんなにハロウィンが盛り上がるなんて、
一昔前は想像もしませんでしたが、
もともと富良野はカボチャの収穫量も多い土地柄、
街中をカボチャが彩る光景に違和感がないような気もします。

フラノマルシェのアトリウムTAMARIBA(タマリーバ)でも、
ハロウィンにちなんだイベントが開催される予定です🎵
これから年末に向けてはフラノマルシェもイベント三昧です★
 


■ 雪虫 2017年10月02日(月)

  今日も沢山の雪虫をみつけました。

雪虫は北海道馴染みの小さな虫で「雪の妖精」なんて呼ばれていたりします。
理由は、雪虫を見つけるとその10日後くらいに雪が降ると言われている事と、雪虫自身のおしりに雪のよなフワフワしたものがついているからなのです。

写真に雪虫はのっていないのですが、雪虫を追いかけながらカメラを構えていたら、高い空が見えて思わず撮った一枚なのです。
小さく散らばった雲も、雪虫のようにひとつひとつは小さな雲なのでしょうか?

初冠雪があってから、1週間程度
山にはまた雪が積もるでしょうか。
 


■ 赤い羽根 2017年10月01日(日)

  本日のフラノマルシェは、たくさんのお客様で賑わっていました。
イベント広場では、富良野オムカレーウォーキングで汗を流したお客様が、ワイワイと富良野オムカレーを楽しそうに食べていました。
その横で行われていた、赤い羽根共同募金の皆様が声を大きくして活動されていました。
募金した子どもが、うれしそうに風船をもらい、そして誇らしげに赤い羽根をつけてもらっていました。
赤い羽根共同募金は、残り時間あとわずかですが、15時までマルシェ内での活動があるそうです。

幼い頃に父親に渡された100円玉を募金したのを思い出し、大人になって自分で初めてした時の気持ちを、今日思い出しました。
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -