Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。
 


■ 若者 2017年09月07日(木)

  今日のマルシェは、とても若者の姿が多く感じられました。

インターンシップの高校生が5人いたので、なんとなく目が若者を追っていただけなのでしょうか。
ワイワイとした雰囲気を多く感じました。

老若男女に愛されるマルシェを目指しているので、若者のパワーを感じることはとっても元気になります。

この街も、この時代もみんなで良くして生きたいものです。
 


■ あさがおと月 2017年09月06日(水)

  調べてみるとアサガオは、暑さで水分がなくなると花がしぼんでしまうそうです。

なので、マルシェのアサガオは日中も元気よく咲いていたりすることが多いので、どこかで水分を補充しているか、お客様から元気をもらっているかのどちらかなのでしょう。

5日の月はまんまるに見えました。
あさがおが、さらにそこから元気をもらおうとしていたので、思わず走ってカメラを取りに戻って1枚。

今寝ないと、またすぐ咲く時間ですよ。とちょっとアサガオの心配をしながらシャッターを押しました。
 


■ 秋の富良野 2017年09月05日(火)

  24.5℃、暖かく、外で過ごしやすい日です。
この調子で来週明けまで、
降水確率0パーセントの最高気温20℃台半ばという
恵まれたお天気が続きそうです。

先週末、恒例の「ワインぶどう祭り」が開催されていました。
このお祭りが終わると富良野では各種ワインの仕込みが始まります。

富良野は春夏秋冬いつだって良いのですが、
賑やかな夏から打って変わって静かになる秋、そこへ移り変わる
「夏、まだ終わらないで!」感&「冬、まだ来ないで!」感、
その言葉にならない気持ちが渦巻く季節はとても味わい深いものです。
 


■ 今が一番 2017年09月04日(月)

  今朝、肌寒ささえ感じるフラノマルシェのイベント広場に来てみると、
昨日紹介したアサガオたちがその実を閉じてしまっていました。

そんな様子を見ながら、このまま短かった富良野の夏も終わってしまうのかな…
と柄にもなくセンチメンタルな気分に浸っていると、
陽が高くなるにつれみるみる暖かくなり、今日も元気にきれいな花を咲かせてくれました。

ぽかぽかと照り付ける日差しの中、時折吹く爽やかな風。
そんな気持ちの良い風に吹かれていると、悩みなんか吹き飛んでいきそう。

この時期のイベント広場が、一年の中で一番好きです。
(個人の感想です。)

フラノマルシェで今しか感じられない富良野を
ゆっくりとお楽しみください。
 


■ アサガオサク。 2017年09月03日(日)

  今日が誰かの誕生日ならば、きっと一年幸せな日々が。

今日が誰かの結婚式ならば、いつでも笑顔の2人になれる。

今日が大事な試験の人は、きっと望んだ結果がついてきます。

スタッフ間で毎日話題にあがっていた、ピンク色のあさがお
今日、一輪咲きました。

そんな縁起のいい一日です。

快晴の日曜日とあって
マルシェの駐車場も満車になることも多く、列をつくって待っていただき、駐車所の案内も強い陽射しが心地よかったです。

一輪咲いた、ピンクのあさがおは地面を這うように。
次に咲こうとしていたピンクのあさがおは、とても力強く太陽を求め。

サクラサク、ならぬ、アサガオサク。
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -