Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。
 


■ スタンプラリー6日目 2018年02月06日(火)

  当選確率が高いと評判のフラノマルシェのスタンプラリー。
連日、多くのお客様にお越しいただき今日で6日目を迎えました。

ちなみに初日、一番乗りのお客様はオープンからわずか30分足らずで
3つのスタンプを集めて見事景品を当てられたという幸先の良いスタートでした。

ちなみに残念賞のティッシュだって、
フラノマルシェでしか手に入らない「トマ☆P」の
オリジナルティッシュなんですよ!!
という事実をお伝えするとお客様に喜んでいただけます
 


■ ルーバン・フラノ 2018年02月05日(月)

  富良野の大地は、外国人観光客を驚かせるばかりではなく、様々な人を魅了します。
そこに住んでいる地元の人でさえも、ふと見渡した景色にうっとりする事が多くあります。

「ルーバン・フラノ」

“ルーバン”とは「ルーラル(田舎)」と「アーバン(都会)」を合わせた造語で、「都会の魅力と、田園の魅力を併せ持つ、ちょっとしゃれた田舎町」を意味しています。
今日はまさに、そんなお客様がフラノマルシェにご来店いただいたので、思わずカメラを向けてみました。

こんな風景も、富良野の良さのひとつです。
 


■ 立春祝い酒 2018年02月04日(日)

  立春。
今日を表す言葉の中に、「春」の文字が入ってまいりました。
これから日々、少しづつ暖かくなりますよ。という事のようです。
みなさんその事を感じてか、朝から多くの方がフラノマルシェに来ていただいています。

そんな立春は、昨日の節分のように「恵方巻を食べると縁起が良い」といった風習は思い当たりませんが、比較的に全国的に行われていることがありました。
「立春朝搾り」
立春の日に作った搾りたての日本酒を呑む、事のようです。
搾りたての日本酒とはいきませんが、祝い酒と聞けば呑みたくなりますよね、日本酒。
今日はちょっと大人に日本酒、いかがですか?
 


■ 豆まき 2018年02月03日(土)

  今日は節分、豆まきの日!

と思い、いつものごとくフラノマルシェ内の“豆”を探しに散策へ。
まずは【オガール】さんで豆を発見。
鬼を倒して、福を呼び込んでくれそうです。
ちょっとひねって【カゼール】さんで”豆パン”を探してみたら、売り切れてました。
同じ連想をした人がいたのでしょうか。

近年は「恵方巻」がブームになっている節分の日ですが
「鬼は外。福は内」
とはしゃいで豆をまくこどもの姿は、目を細めてしまいますよね。
 


■ -20℃超え 2018年02月02日(金)

  -20℃を下回った今朝の富良野。
川からは霧が上がり、あちこちに霧氷が見られ、
寒さを忘れて見入ってしまうような光景に出会うことができました。

富良野の良さは、挙げたらきりがないけれど、こんな所にもあります。
これほどの寒さと、寒さが織りなす芸術には1年に数回しかお目にかかれません。

樹木や地物に、大気中の水蒸気が昇華し、
付着すること等によってこのような現象が起きます。
寒いだけじゃないんです。
富良野に住んでて良かった!
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -