Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。
 


■ へそ祭り前日 2017年07月27日(木)

  いよいよ明日から年に一度のへそ祭り。

何となくいつもと変わらない一日のようでいて、
どこかいつもと違うように感じるのは…気のせいではないと思います。

保育所の子どもたちがへそ踊りの練習をしていたり、
市役所の方たちのへそ祭りのTシャツがいつもよりも目に付いたり。

ちなみに、残念ながらへそ祭りは高確率で雨が降るのですが、明日も雨の予報。
その証拠に、空はどんより。
もう、心中、こんな→( ゜Д゜;)ですよね。
それでも楽しみです、年に一度ですから!
 


■ 夏休み 2017年07月26日(水)

  小学校に続き、中学校も夏休みに突入したようですね。
先週までに比べて、子どもたち、ご家族連れのお客様が
圧倒的に多くなりました。

子どもたちの声が施設に響くと、各段と賑やかに、そして明るくなります。

ちなみにですが…北海道は夏休みが短いんですね。
1か月弱しかないそうです。
8月の半ば過ぎには2学期が始まるということで、
その分、冬休みは長いようですが、本州から来た者にとって、
北海道の文化はやはり驚きの連続です!
 


■ 締めのマルシェ 2017年07月25日(火)

  今日の朝から富良野美瑛をあちこち回ってきたという
香港からのお客様が、
午後6時のフラノマルシェで、
一日行動を共にした地元のガイド(という名の英会話の先生)と
今日一日の旅を振り返っていました。

ミニトマトを持つ二人の笑顔から、今日の旅が楽しかったことが伺えます。

暑さも和らぐこの時間帯が、外で過ごすには一番気持ちがいいですね。
 


■ へそ祭り開催間近! 2017年07月24日(月)

  早いもので7月も残り1週間余り。
今週28日(金)と29日(土)には、言わずと知れた富良野が誇る奇祭、
北海へそ祭りが開催されます。

今年で49回目を数えるこのお祭り、
両日とも午前中からダンスパフォーマンスや赤ちゃんのハイハイレースなど、
楽しいイベントが盛りだくさんですが、
メインイベントは何といっても「北海へそ踊り」。
おなかに図腹(ずばら)と言われる顔の絵を描いて、
通りを集団で踊りながら練り歩きます。

無数の図腹がひたすら目の前を通り過ぎていく様は、
一種異様な光景で、一見の価値ありなんです。

ちなみに2日目の29日にはフラノマルシェ2のタマリーバで地元商店街のチームが
夕方からせっせとおなかに図腹を描いて踊りに備えます。
図腹が出来上がっていく様子が楽しめちゃいます。
 


■ 幻想的な夕空 2017年07月23日(日)

  昨日の閉店後、7時過ぎ、
夕日の沈む空がたまらなく幻想的でした。

まだ屋外のベンチでゆっくりされているお客様も
この幻想的な空に圧倒され、
しばし圧倒されたのち、皆、一様に空を写真に収めていました。

「夕焼けが美しい日は、翌日が晴れ」なんて聞いたことがありますが、
(その言葉の真偽のほどはさておき)
今日はまさにオープン前から多くのお客様が
イベント広場でのんびり過ごされるほど気持ちの良い快晴です。

噴水の周りも子ども達で賑わう予感がします!
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -