Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。 Instagram
 


■ 「フラノマルシェはまちをどう変えたか」出版のお知らせ 2017年10月12日(木)

  フラノマルシェ事業評価研究会による共著
『フラノマルシェはまちをどう変えたか
   〜「まちの滞留拠点」が高める地域内経済循環〜』
が10月20日、学芸出版社より出版されます。

フラノマルシェ事業評価研究会とは、
大阪市立大学 名誉教授 石原武政氏、
大阪商業大学 教授 加藤 司氏、
中小企業診断士(一般社団法人 大阪中小企業診断士会理事長)風谷昌彦氏、
中小企業診断士 島田尚往氏の4氏によって構成される研究会で、
2016年10月に開催された「まち育てフォーラムin 富良野」において、
富良野市中心市街地活性化基本計画の第一期事業となる「フラノマルシェ開発事業」及び第二期の「ネーブルタウン事業」による経済波及効果が113億4400万円にのぼると、事業評価結果を発表されています。

本書では、これに伴う地価の上昇、不動産取引の状況等、
フラノマルシェが地域に与えた影響を第三者による客観的な視点で検証し、
地域経済の仕組みを持続的に作り変えることを可能にした経緯と
その要因を解明しています。

ふらのまちづくり株式会社では、これまで取り組んで来た「フラノマルシェ事業」
「ネーブルタウン事業」が、「フラノマルシェ事業評価研究会」によって
このように高く評価され、出版に至りましたことを大変名誉に思うと同時に、
今後もなおいっそう富良野市民の暮らしの向上をはかりつつ、
魅力的なまちなかにぎわい空間の創出に努め、
中活基本計画に基づく事業展開を着実に推進していきたいと考えております。

■ニュースリリースの詳細は、
ふらのまちづくり株式会社の公式サイトでもご確認いただけます。
http://www.furano.ne.jp/furano-machi/

■なお、明後日14日より、Amazonでも先行予約の受付が開始されます。
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2658-0.htm
 


■ 落ち葉 2017年10月11日(水)

  ベンチに落ち葉が乗っかっていました。
カメラを持って戻ってみたら、少し減っていました。
風が強く吹いて、木々の中から聞こえてくる、葉っぱ同士がこすれる音が好きです。
ヒラリと落ちてくる葉っぱを見るのも好きです。
それでも、落ち葉を掃く人は大変ですよね。
そばからそばから落ちてくる葉っぱ。季節を感じます。

フラノマルシェでは今月はイベント盛りだくさんで、皆様をお待ちしておりますが、季節の変わり目で、おでかけの際には十分暖かい格好でおでかけください。

ちょっと寒いかな!?
なんて思いながらベンチに座ってホットドリンク飲むときも、幸せですよね。
 


■ 身震いひとつ 2017年10月10日(火)

  昨日はあれだけ暖かかった富良野の空ですが、今日は一転冷たい風が吹いています。
駐車場への道のりで、誰もいなくなった瞬間をみて
「ああ、こんなにも真っすぐな道なんだ」と改めて気づき、見とれてしまいました。
カメラを構えて写した次の瞬間、またしても訪れた冷たい風に身震いさせられましたが。
それでもまだまだ気温は10℃を切ってはいなく、すぐに訪れる冬がどれほど寒いのかともう一度身震いをしたのです。
フラノマルシェでは外が寒ければ、中でくつろげるスペースもたくさんあります。
フラノマルシェ2のTAMARIBA(タマリーバ)でゆっくり過ごしてみてはいかがですか?
 


■ 体育の日! 2017年10月09日(月)

  3連休最後の日は体育の日!
この3連休はとっても天候に恵まれて、いい汗をかいた方も多いと思います。
フラノマルシェでは、この3連休はイベント盛りだくさんとなりました。
活気と熱気にあふれていたせいか、今日はシャツ1枚で過ごされる方が何人も見受けられました。
温度計は23度を超える事も!
10月に入ってこの暖かさはなんだかうれしいです!
天気予報では今夜、雨がふるそうですがとても信じられないくらいの晴天です。

外で日差しを浴びていると、ほっぺたがポカポカと。
なんだか、夏を思い出しました。
お客様の多くもソフトクリームや、まぜアイスを美味しそうに食べていました。
 


■ ★秋の大収穫感謝祭2日目★ 2017年10月08日(日)

  JAふらの×マルシェオガール店、秋の大収穫感謝祭、2日目!

20℃を超える恵まれた天候の下、今日もふらの農協の皆さんが、
朝から威勢良く野菜を販売中です。
こちらまで元気になりますね。

11時から始まった女性部による豚汁の無償配布は、あっという間に終了!
イベント広場に漂う美味しそうな豚汁の香りに多くのお客様が群がり、
写真を撮るタイミングすら逃してしまうほどの「一瞬」で
お鍋が空になりました!

富良野の食材をふんだんに使った豚汁を青空の下でいただく、
これって本当に贅沢なことですよね。
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -