Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。 Instagram
 


■ 春の感じ方 2018年03月27日(火)

  昨日、Twitterでもご紹介したこの写真。
反響が大きかったので、こちらでもご紹介。

この時期から4月いっぱいくらいまで、あちらこちらで見かけるこの風景。

先輩が新人にたくさんの事を教えている様子。

こんな風景を見かけると、春、4月、新年度!といった言葉が頭の中で連想されます。
緊張した感じで、教わる新人
ちょっと緊張気味に教える先輩。

微笑ましい光景に、思わず頬がゆるみます。
 


■ 冬の終わり 2018年03月26日(月)

  春が来る、春がくる。
と思っていましたが、同時に「冬が終わる」という事をすっかりと忘れていました。

フラノマルシェから一番近くのスキー場『北の峰ゾーンのゲレンデ』は昨日で今シーズンの営業が終了となりました。
あの晴天続きで、山の雪も融け始めたでしょうか?

私は“転ばない”自信がでてきたのか、ここ最近は上を向いて歩けるようになったので、またまた雲や月の虜になりつつあります。

昼の月、嫌いじゃないです。
 


■ 春、北上中 2018年03月25日(日)

  昨日の好天気に続き、本日も快晴の富良野です。

まさに「春が来た」といった思いの週末、フラノマルシェに来られるお客様の服装も、少しずつ軽くなってきました。
雪どけの駐車場も、多くの車で埋め尽くされつつあります。
まるで、雪山を撤去した日を知っているかの様なタイミングで来て頂いくお客様に、うれしい思いが満開です。

昨日の選抜高校野球では、北海道代表の駒大苫小牧高校が惜しくも負けてしまいましたが、

北の大地に桜が咲くのは間もなくです!
 


■ 思い出の1ページ 2018年03月24日(土)

  春休み最初の週末を迎えたフラノマルシェ。
朝から子供連れのお客さんもたくさん来てくれています。

雪山が無くなったイベント広場には、
段差に仲良く並んで腰かける親子の姿が。

優しく子供を見つめる父親の後姿に、
何ともほっこりとした気持ちにさせられます。

子供たちが数年後、今日の日を思い出して、
「昔お父さんと一緒にマルシェに行ったよね。あの時は楽しかったよね。」
なんて会話をしてくれたなら、私たちスタッフにとってはこの上ない褒め言葉。

そんな素敵な思い出の1ページになれるような、フラノマルシェでありたいです。
(一部想像が含まれています。)
 


■ 雪割作業 2018年03月23日(金)

  3月も残り1週間。
上着を着なくても、長時間外にいられるほど暖かくなりました。

本州のお客様から「雪はありますか?」「まだ氷点下ですか?」など
お問合せのお電話をいただきますが、
フラノマルシェ施設内でお過ごしいただく分には
ほとんど心配ない気候となりました。

まだ少し残る雪の下の氷を割るのに、男性陣は大忙しですが、
とはいえ、この光景を見られるのも残りわずかですから、
この時期にお越しいただくお客様には残りわずかな富良野の「冬」を
味わっていただきたいものです。
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -