Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。 Instagram
 


■ 雪かき 2018年03月02日(金)

  横なぐりの雪が続いています。

午後4時現在、フラノマルシェは通常通り営業しています。
4時を過ぎたあたりから、徐々に暗くなってきているのがとてもよく分かります。
夜になって視界が悪くなった時には、外へは出られる状況ではなくなっているでしょうから、お気をつけください。

それでも街中をみていると、様々な人が懸命に雪をかいていて、頼もしく見え、あらためてこの街の魅力をみつけた気がいたしました。
 


■ 予感 2018年03月01日(木)

  今日は大方の予想通り、天気が崩れています。
すでに崩れるという表現では、ちょっと追いつかないほど、何かを予感させるような風が吹いています。

気温は低くなく、むしろこの後も少し気温があがってプラス表記の温度まで上がるようです。
雨となる事もあるでしょうか?

春一番が訪れるようですが
大荒れの中で“春一番”がやってくるのか
“春一番”自体が大荒れとなってやってくるのか。
どちらにしても、この後の天気が気になるところ。

あまり遠出はさけた方がいいようです。
 


■ 暴風雪!? 2018年02月28日(水)

  ここ2・3日で、車を走らせているとずいぶん路面が見えてきたなぁと感じた方はおおいのではないでしょうか。
フラノマルシェのイベント広場から入口にかけても随分と雪がなくなって、ひょっとしてこのまま春がくるのかしら!?
なんて思っていると。。。
明日、明後日と天気が崩れるそうです。
特に明後日は、現在の予報は“暴風雪”!!
せっかく見えてきた路面も2.3日後にはどっさりと雪が積もっているのでしょうか。

予報が当たるかはわかりませんが、注意しておいた方がよさそうです。
 


■ 勝手な道産子 2018年02月27日(火)

  「いやぁ今日もしばれたね〜」
今年はそんな挨拶を何度したことでしょう。

しばれた朝のキリっとした空気、
目が覚めるほどの青空、
キラキラと輝く樹氷やダイヤモンドダスト。

冷え込んだ朝だからこそ感じられる美しい自然。
今この場所だけの特別な景色なんですよね。

昨日のブログのように
あんまり寒い日が続くと春が恋しくなりますが、
いざ、暖かい季節が近づいてくると、
ちょとだけ名残惜しい気持ちにかられます。

そんな勝手なことを毎年思ってしまう道産子でした。
 


■ 日差しはすっかり 2018年02月26日(月)

  まだまだ朝晩は冷え込み、雪が降る日も多いのですが、
雲の切れ間から覗く陽の光は着実に力強さを増しています。

アルジャンの店内に注ぐ光もポカポカと暖かく、
お土産を探す奥さんを、暖かい日差しを浴びながら、
眠たそうにあくびをしながら待つ旦那さんの姿に、
何だかほのぼのとした気分にさせられます。

山間部を車で走っていると、
冬の間農作業をお休みしていた農家の方たちも、
ハウスの中での作業が始まっている模様。
そんな様子を見ていると、何だか不思議と体もウズウズしてきます。

少し気は早いのですが、色彩豊かな富良野の夏に想いを馳せてしまう2月の昼下がりでした。
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -