Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
フラノマルシェは「おいしいもの」を通して富良野の魅力を発信していきます。
 


■ ラベンダーのつぼみ 2017年06月11日(日)

  五条通り側の入り口にある鉢に植えられたラベンダー。

よーーーく見ると、
つぼみの間に紫色のものが見えます。
雨が降ったり、気温が下がったり、
なかなか清々しい天候には恵まれないここ数日でしたが、
1日1日と夏に近づき、ラベンダーも私たちの足元で
人知れず開花の準備をコツコツと始めているのだなぁと、
無性に愛おしくなる光景です。

葉も少しずつ鮮やかな緑色へと変化しています。
 


■ 6月17日より夏季営業になります 2017年06月10日(土)

  日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、6月17日(土)より9月24日(日)までの期間、
夏季の営業時間となります。

open       close 
午前9:00 〜 午後7:00

朝、1時間、営業時間が早くなります。
1日のスタートをフラノマルシェ・フラノマルシェ2で過ごしませんか?

皆様のご来店をお待ちしております。
 


■ 過去と現在 2017年06月09日(金)

  山々に残る残雪と、
その一方で日に日に生い茂る緑が象徴的な富良野の初夏。

「富良野の6月は、過去(雪)と現在(緑)が交錯している風景が美しいことから
作品の発想が生まれた」と、
映画監督のユン・ソクホ氏が富良野でロケをした映画『心に吹く風』の試写会で
先日仰っていました。
過去と現在・・・映画監督の目を通すとそんな風に表現されるのか!と、
感銘を受けました。

今日は青空が広がります。
昼間は半そでが気持ちの良い季節ですよ♪(夜は長そで必須です!)
 


■ 噴水スタンバイ! 2017年06月08日(木)

  昨日、イベント広場にお待ちかねの噴水を設置しました!

今日はあいにくの曇り空で稼働していませんが、
お天気や気温を見ながら間もなく水を出す予定です(^O^)/

大きな窓から富良野の景色をゆっくり見ることのできる「ノロッコ号」や
札幌〜富良野間を乗り換え無しで行き来できる「ラベンダーエクスプレス」も
今週末から運行開始とのことで、
いよいよ夏が始まることを実感します。

夏、間近!
 


■ 小さな子どもたち 2017年06月07日(水)

  朝から近くの保育所の小さな子どもたちが走り回っていました。
「走り回る」と言っても、本当に歩き始めて間もない子どもたち。
ヨチヨチと走る姿がとっても可愛く、
見ているだけで思わず笑みがこぼれる光景でした。

さて、本日、噴水の設置作業が始まりました。
イベント広場にある噴水は夏のマルシェの風物詩ともいえます。
そこにまた子ども達が楽しそうに群がる光景が見られるのが待ち遠しいです。

写真の左端で子ども達を見守っているスーツ姿の殿方は、
ふらのまちづくり会社の西本社長です。
決して怪しいオジサンではありません。
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -