まちなかをもっと元気に!もっと楽しく!!   Like us on Facebook Follow furanomarche on Twitter
 


■ 【CAFE petit petit】リエージュワッフル 2017年02月16日(木)

  リエージュワッフルを作っている様子☆をパシャリ

上富良野産小麦「きたほなみ」と「はるゆたか」をブレンドして100%使用した本場の昔ながらの作り方を守ったイーストで発酵させた生地で1枚1枚手作業で焼き上げるベルギーワッフルです。
種類も10種類まで増えました。
(まだ、増える予定です)

甘すぎず、そして小麦の香りを感じられるように
試行錯誤を重ねたカフェプティプティの
手焼きの自家製ワッフルを是非ご堪能下さいませ!
 


■ 冬の五条通り 2017年02月15日(水)

  今日で2月も後半に突入。

日に日に暖かくなって参りましたね。
今日の最高気温はついに「0℃」と、氷点下から脱出。
ちょっとした用事なら、上着を着なくとも余裕で外に出られるほどの暖かさです。

長かった富良野の冬も、あと少しで終わるのだなぁと思うと、
しんみり半分、嬉しさ半分以上(100%超え)。

とはいえ。
間もなく終わる冬の富良野に「今年はまだ行ってないわ!!」という方、
お急ぎください。
 


■ 【はなや日々色】フラワーバレンタイン 2017年02月14日(火)

  フラワーバレンタイン♡
バレンタインデーといえば、女性から男性へチョコを贈る日です。
フラワーバレンタインとは、バレンタインに男性から女性に花を贈る、新しいバレンタインの楽しみ方です。

女性にとって、男性から花を贈られることは想像以上に嬉しいもので、豪華な花束ではなくても、男性が選んでくれた、というだけで大感激します。
男性にとっても、フラワーバレンタインデーは自分の気持ちや日頃の感謝を花と共に伝える良い機会になります。

まず、花を贈るという場合「定番」ともいえるバラがあります。
花言葉は「あなたを愛しています」というものですから
恋人の日であるバレンタインに贈る花としても最適なもののひとつでしょう。
続いては季節感はないですが、「チューリップ」これもお勧めです。
最近はいろんな色のチューリップが冬でも買えるようになっていて、チューリップの花言葉は「永遠の愛」です。
また、花言葉ということをメインにバレンタインデーに贈る花を選ぶという場合、ツバキもお勧めです。
ツバキは「完全な愛」を花言葉としています。
もう一つお勧めの花として「ポインセチア」をご紹介。
花言葉は「私の心は燃えている」です。
バレンタインに贈る花としてはおすすめだと思います。
 


■ 【むらかみ村】甘酒 2017年02月13日(月)

  むらかみ村の甘酒

平成2年より販売された高砂酒造の銘酒『一夜雫』
独自製法であるアイスドーム内での製造工程の維持が
難しくなり2016年11月以降、1,500本の販売を持って製造が終了いたします。

その貴重な一夜雫の酒粕で作る当店の甘酒は
雑味や日本酒臭さもなく実にピュアな美味しさを
表現しています。

国内でも一夜雫の酒粕の取り扱いは蔵元と当店のみです。
蔵元と当店が、残り僅かな期間お届けする貴重な甘酒を
是非ご賞味下さい。
 


■ 【にぎりまんま】牛めし 2017年02月12日(日)

  大将いわく「今日はイイ牛が入ったから!」という
日替わりの「牛めし」おむすび!

紅生姜も効いて、富良野にはない、富良野市民がほのかに恋焦がれる
牛丼屋さんを彷彿させるお味です。

大将いわく「イイ牛が入った日しか出さない!」こちらのおむすび、
午後に覗いてみると残り2つ…

次はいつ登場するか分からないようですが、それが日替わりの楽しさ♪
明日は何かな^^
 



- Web Diary UpVersion ver 1.30 -