東は十勝岳連峰、南は芦別岳を望む富良野盆地の中央、豊かな田園地帯にある学校です。
 安定した農業経営が営まれている校下地域は,稲作を中心としながら,小麦,タマネギ,アスパラ,大豆,スイカ,メロンなど,良質で多様な農産物を生産しています。
 平成27年度は,新1年生2名が入学し、全校児童13名です。小規模ながらも校風として思いやりがあり、年下の子の面倒をよく見る家庭的な温かさに包まれています。『未来へ輝け宇文子』を教育目標に掲げ,「子どもにとって楽しい学校」「教職員にとって働きがいのある学校」「家庭や地域に信頼される開かれた学校」を目指し,8名の教職員一丸となって,未来にはばたく宇文子の育成に当たっています。