富良野神社


■ 秋の大祭「新嘗祭」斎行 2022年11月24日(木)

  218,857 byte本年度の収穫感謝・商工業繁栄感謝の秋の大祭「新嘗祭」を斎行致しました。
根付きの稲穂を始め、各種農産物が奉納され神前を飾りました。
御祭儀は宮司の祝詞奏上の後、生産者代表の祭詞をふらの農協組合長に奏上頂きました。
本年は天候にも恵まれ全ての作物が豊作基調ながら、長引くコロナ禍、ウクライナでの戦争、大幅な円安等、様々な影響で肥料・飼料・燃料・運送等価格が高騰し厳しい営農状況である事が述べられました。
また久しぶりに揃った中学3年生の当社舞姫4名による「豊栄の舞」を奉納、厳粛裡に祭儀をご奉仕する事が出来ました。
直会行事は取り止めと致しましたが、道産米で醸造された白酒「北の新嘗」にて神酒直会を行い、参列者にも四合瓶をお持ち帰り頂きお開きと致しました。
 

■ 富良野神社氏子各位へ〜神札頒布の状況について 2022年11月24日(木)

  11月1日より、新年の神宮大麻・神社神札をお配り致して下りますが、市内での感染者急増、社務都合もあり例年より数日の遅れが生じています。
農村地区は扇山、市街地地区は緑町・扇町を廻っております。
その後は、工業団地、南町、若葉町、瑞穂町、住吉町、錦町の順に廻りますので、もう暫くお待ちください。
ー宮司 拝ー
 

■ ◆御朱印の扱いについて 2022年11月03日(木)

  338,664 byte11月・12月は富良野市内氏子各ご家庭への「おふだ」配りの為、宮司がほぼ毎日、終日留守となりますので、ご持参の御朱印帳への御朱印押印墨書は出来ない日が多くなります。
奉書紙に押印墨書の書き置きでの対応となりますのでご承知おき下さい。
尚、富良野神社の御朱印帳は既に押印墨書済みです。お受けの方には氏名・住所をうかがい、翌日の日供祭(朝拝)時に巡拝旅行安全祝詞を奏上致します。
 

■ ◆お知らせ〜神札(おふだ)配りについて 2022年11月03日(木)

  237,446 byte11月に入り、例年の神札くばりを始めています。
農村地区は、御料・五区・布部1・三区・二区・大沼・鳥沼・東部地区・扇山の順に廻ります。
市街地は、北の峰町・東町・春日町・扇町・緑町・麻町・若葉町・・・・の順に伺います。
今年も宮司のみで廻りますので、神社祭事、天候の具合によっては例年と時期がずれることもあります。
また、集合住宅については道営・市営住宅以外は一部を除いて伺うことが出来ません。

今月は社務事情により5日以上遅れて廻る地域がございます。
何卒ご容赦下さい。

※新型コロナ感染症罹患者は増加傾向にあります。
 宮司はマスク着用、消毒、手袋着用にて伺います。
 また、神棚前での祝詞は原則玄関にて神棚に向かい
 奏上し、その後、その場で「おふだ」の授受を致します。
 ご遠慮なさりたい向きはどうぞお申し出下さい。
 神社社務所は毎日 09:00〜17:00 受付をしています。

※持参する「おふだ」は写真の通りです。
 
 

■ 七五三詣について 2022年09月14日(水)

  299,944 byte 漸く夏の暑さもおさまり稔りの季節となりました。
 日も短くなり、足早に秋が近づいてきました。
 北海道では寒さと降雪の故に、全国的には11月15日に行う
 七五三詣を一ヶ月早い10月に執行する慣習となっています。
 
 富良野神社では、10月8日(土)9日(日)10日(祝)
 15日(土)16日(日)の5日間、七五三特別期間として
 昇殿での七五三詣を実施致します。
 各日ともに 10:00/11:00/13:00/14:00/15:00 の
 5回執行致します。
 但し、感染症予防対策として、各回とも3組(3家族)まで
 と致します。
 ご希望の方は、神社社務所 ☎0167-22-2731 宛
 ご予約のご連絡を頂きますようお願いします。

 尚、大人の方々はマスクを着用し、入口にて手指消毒をお願い
 致します。
 

■ 例大祭 厳粛裡に斎行致しました 2022年09月03日(土)

  656,302 byte 御創祀120周年令和4年度例大祭が8月24日〜26日の三日間、好天に恵まれ無事に執行致しました。
 第7波のコロナ禍の中、役員・参列者、氏子各位のご協力により感染対策を施し大過なく厳粛に斎行することができました。
 青年の担ぎ神輿は断念致しましたが、車輛にお神輿を奉安し19ヵ所駐輿所にて祝詞奏上、御神楽舞を奉納し、町内平安・五穀豊穣・商工繁栄そして疫病鎮静を祈願させていただきました。
 御神輿渡御には弥栄太鼓、富良野獅子舞、お囃子会が同行し華やかに盛り上げていただきました。
 宮入の後は、奉祝のもちまきを行い、コロナ前の三分の一ほどの参拝者ではありましたが、久しぶりに境内が賑わいました。
 また、市街地には3年ぶりに露店が並び賑わいをみせていました。
 明年こそは感染症も鎮まり、市民生活も落ち着き、例年同様のお祭りとなりますことを祈念しております。
 

■ 令和4年度 例大祭について 2022年08月19日(金)

  405,785 byte令和4年度 富良野神社例大祭につきましてご案内します。
 8月24日(水)
  19:00 宵宮祭・御霊代奉遷式を斎行
       式中「浦安の舞」を奉奏
       明日の御神幸式に先立ち御神輿に御霊代をお遷しします

 8月25日(木)
  08:00 御本祭斎行
  08:50 発輿祭斎行(御神幸式出発の御祭儀)
  09:00 御神幸式発輿(御神輿行列が出発します)
       市内19ヵ所の御旅所で祭儀を行います
       御神輿到着30分前に弥栄太鼓の演奏、15分前に獅子舞の演舞
       祭儀中には御神楽舞が奉奏されます
  14:50 御社殿前にて弥栄太鼓の演奏
  15:05 御社殿前にて獅子舞の演舞
  15:20 還御祭(御神輿が宮入されます)
  15:45 御社殿前にて奉祝の「もちまき」実施
       *感染状況、国・道の制限がある場合はお参りの方々に手渡しする場合があります

 8月26日(金)
  10:00 後日祭・産子祭・防火祭斎行
       産子祭は昨年の7月21日から今年の7月20日までの間にお生まれになった
       赤ちゃんの健康祈願のお祭りです
       9:50までに神社にお越しください

 このほか、期間中、少年柔道・少年剣道・弓道・パークゴルフ大会が開催されます

 詳細は、各戸配布の「社頭だより」18日の道新折込チラシをご覧ください
 また、お問い合わせは〈富良野神社☎0167-22-2731〉まで

※コロナ禍鎮静に至らず心配もございますが、御神輿行列は担ぎ神輿を取り止め終日車輛行列で行い、また神職・役員もマスク着用、手指消毒を心がけてご奉仕致しますので、氏子皆様もご協力いただき、ともどもに「市内平安」「五穀豊穣」「商工繁栄」「疫病鎮静」を祈願しつつご参加下さい


       
 

■ 夏越の大祓式執行しました 2022年06月30日(木)

  32,749 byte昨夜来の大雨も止み、晴天の下、大勢の方々に参列いただき「夏越の大祓」を執行いたしました。
コロナ禍は未だ終息に至らず、また厳しい猛暑が続く中、無事に夏を乗り越えられますよう祈りつつ大祓詞を奏上、祓いの儀式の後、輪くぐりを行い、宮司が祓津物を川に流し、罪穢れを祓い却りました。
尚、「茅の輪」は7月5日まで設置していますので、輪くぐりの上お参りください。
 

■ 英霊顕彰平和祭を執行 2022年06月16日(木)

  266,482 byte 6月14日夕刻、境内忠魂碑前にて、日清・日露戦争から
 大東亜戦争に至るまでに富良野より出征し散華された
 402柱の御英霊、並びに本市の開拓に貢献された
 開拓先人13柱の御霊を慰霊し、その御功績を顕彰する
 「英霊顕彰平和祭」を斎行致しました。
 現代の「個」が肥大し、個人の権利ばかりが強調される
 世情にあって、「滅私奉公」という言葉は死語になって
 しまったようです。
 ウクライナに対するロシアの侵略戦争は激しさを増し、
 兵士のみならず多くの一般人が亡くなられています。
 それでもウクライナ国民は戦いを続けています。国が
 占領され他国に隷属する事は最大の悲劇であるからです。   古来から続く「日本」という国があるからこそ、今の 
 自由・平和があるのです。御英霊もその為に戦場に向かっ 
 たのです。
 数年前に東京のJRの駅でホームから線路に落ちた人を助け 
 ようとした韓国の青年が電車に轢かれなくなりました。
 馬鹿なことをする、無駄死にだと言えるのでしょうか。
 勇気を称え、後々まで顕彰するべきでしょう。
 
 御英霊の慰霊顕彰は続けなければなりません。
 

■ 桜開花 花手水 2022年04月28日(木)

  291,107 byte 富良野地方も桜が開花しました。
 只、強風が続き既に花びらが舞っています。
 明日は「昭和の日」に当たり、昭和天皇の
 ご聖徳を偲びまつり「昭和祭」を斎行したします。
 手水はセンサー式蛇口をつけましたのでお清めの上
 お参り下さい。
 また、ささやかながら花を浮かべてあります。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -