■ ずっと雪だった by富良野のオダジー 2012年02月16日(木)

  38,804 byte今日の午前中は晴れていたが、ここのところずっと雪が降っていた。
「また降ったねぇ。もう、雪はいらないねぇ」「本当ですね、もう雪はいいですねぇ」
近所の人と出会うたびに交わす挨拶だ。
玄関や車庫まわりの雪かきも大変だが、建物の屋根の雪も気にかかる。雪の重さで、屋根が潰れたニュースがたまにテレビに流れる。
我が工場の屋根にもかなりの雪が積もった。
昨日は定休日だったので、“一念発起”して、朝8時前に屋根に登った。
思った以上に雪は積もっていて、一番深いところは1メールはありそうだった。
ママさんダンプ(大型の角型シャベルにパイプの持ち手が付いたような形)で、滑らしながら落とすのだが、ほんの10分も経たないうちに、心臓はバクバクして、呼吸がゼーゼー。このまま続ければ、絶対に死ぬと思うほど、バクバク、ゼーゼー。
10分やって、5分休み、5分やって、10分休む感じで、ノロノロとやっていた。
「手伝うよ」と、近所の人が声をかけてくれた。
この人は父が亡くなる前も、父を助けて屋根の雪を下ろしてくれた人だ。
「えっ、いいんですか。助かります」と、明るく答える私。
写真は、手前が私で、奥が手伝っていただいた方。
妻は、屋根から下ろした雪を片付けていたのだが、「わっ、早い。しかも、きれいに下ろしている」と、感心しきり。私の仕事ぶりとは比較にならない。年齢は私の方が若いのに・・・。
本当に助かった!
昨日は2時間ぐらい(これ以上やると、絶対倒れる!)だったので、全体の半分も終わっていない。
それで、今朝も少しだけでもやろうと、外に出たら、屋根に人が。昨日に引き続き、雪を下ろしてくれていた。
「ゆっくり、少しずつ、2、3日かけて、下ろしてやるから」と、言われた。
感謝、感謝である。
 

■ 大雪が二日続けて by富良野のオダジー 2012年02月10日(金)

  34,484 byte昨日も、今日も「雪かき」。
あ〜、疲れた!
ずっと雪が降っていなかったので、出来ればこのままの日が続きますようにと、思っていたが、ついにというか、やっぱりというか、降ってしまった。それも、大雪。
二日続けてこれだけ降るのは今シーズン、初めてではないだろうか。
まわりの地域はかなりの雪が降っているのは、テレビなどで知っていたが、富良野にも来てしまった。
さっきまで、札幌の取引している会社の若い営業マンが、フォーラムフラノにいた。
仕事とは関係ない話で、私が勝手に盛り上がって、話し続けた。申し訳ないことをしたかもしれない。他にも営業に行かなければならないはずだ。
たまたま、私の双子の子供たちと、一つ違いの双子の弟さんがいることが分かって、私にスイッチが入ってしまった。
幸い、話してるうちに雪が止んだ。
次のお客さんのところに、気をつけて行ってねと、別れた。
でも、“若い人”と会うと、ついつい色々な話をしたくなるのは、単に、歳を取っただけではないよねぇ。
 

■ 今日は寒さがやわらいだ by富良野のオダジー 2012年02月07日(火)

  34,581 byte今日は朝から暖かく、道路の雪も少し融けていた。
ここのところずっと寒かったので、良かった!
昨日に比べて、朝の気温が高かったことが原因だと思うが、なんとなくモヤっていた。
こういうときは、フォーラムフラノの近くの公園に寄ることにしている。
太陽の光がモヤに遮られて、いい雰囲気だった。
昨日から、オダジーのワイワイ“富良野”写真館の2010年度と2011年度を更新しようと、写真を整理していた。
少し前に、写真を選び終わて、我がデザイナーの高橋さんにメールした。
高橋さんは、ちょっと忙しいので、アップするのはまだ先になりそうだ。
アップしたら、お知らせします。
 

■ 本要寺「節分大祈祷会」 by富良野のオダジー 2012年02月05日(日)

  84,410 byte今日の午前11時から、富良野の本要寺において、「節分大祈祷会」が開催された。
私は、昨年に続き2年連続で参加させていただいた。
昨年を振り返ると、けっこう良いことが多かったような気がする。(左手首の骨折はあったが・・・)
それは、この祈祷が効いたのかもしれない。(かもしれない、では齊藤住職に怒られるか?)
写真は、祈祷をしている齊藤日軌貫首。齊藤住職の正式名称だ。さいとうにちきかんじゅ、と読む。
今年も参加できたので、きっと良いことが多い年になると思う。そうあって、ほしい。
南無妙法蓮華経。
オフィスフラノが制作した栃木県佐野市の妙顕寺のホームページも見てください。
貫首随筆は、ちょこちょこ更新しています。
 

■ フォーラムフラノの看板 by富良野のオダジー 2012年02月04日(土)

  44,273 byte昨年のクリスマス・イブに、強風のために壊れた看板を今朝、友人の看板屋さんが、直して取り付けてくれた。
看板が無く、鉄の枠だけが剥き出しの状態だったので、これで良くなった。
お客さんはそんなに気にならないと思うが、フォーラムフラノによく似合う看板なので、無いとやっぱり寂しかった。
この看板の絵は、ニューヨークに今も在住している私の友人である、メディカル・イラストレーターのTOMOさんが描いてくれたものだ。
フォーラムフラノのテラス部分を増築したときに、壁の色を今のようにイエロー系にしたらいい、とアドバイスをしてくれたのもTOMOさんだ。
もう、10年ぐらい経つかもしれない。
 

■ ヒヨドリ? by富良野のオダジー 2012年02月03日(金)

  57,355 byte今朝、玄関を出たら、鳥の声が聞こえた。
「ヒュールリー、ヒュールリー・・・・」
工場の横のサクランボの木にとまって鳴いていた。
カメラを取って、近づいても逃げる気配がない。
20枚ぐらい撮った。
ホント、デジカメはいいね。フィルム代がかからないから、何枚撮ってもタダだ。
ただ、その分、撮影が“雑(ざつ)”になるけれど、シロウトは「数打ちゃ当たる」だ。
撮り終わっても、まだ木の上で、「ヒュールリー、ヒュールリー・・・・」と鳴いていた。
車で待っていた妻に、「ヒュールリー、ヒュールリーと鳴いていたけれど、なんていう名の鳥だろう?」と聞いたら、「ヒュールリーなら、越冬つばめじゃない。森昌子の・・・」と、いい加減なことを言う。
でも、もしかしたらとも、思った。
事務所に着いてから、インターネットで調べると、ヒヨドリらしい。
ヒヨドリは、ヒーヨヒーヨと鳴くからヒヨドリという名前がついたとも言われているそうだ。ヒーヨがヒュールリーと、聞こえるとは・・・。(でも、ヒュールリーって聞こえたんだ。ホント!)

ヒヨドリ(鵯、Hypsipetes amaurotis)
・スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属
・全長(翼開長)は27〜28.5cm
・花の蜜や果実が大好物(熱帯が主生息地であった祖先ヒヨドリの名残り)
 

■ 今日もいい天気! by富良野のオダジー 2012年02月02日(木)

  24,151 byte今朝、妻の実家に用事があり、事務所に行く途中に寄った。
ホントに行く途中のすぐ近くで、なんのストレスもなく行くことが出来る。
写真は、実家を出てすぐの道路から撮った。
朝方はマイナス15度だったそうだが、けっこう寒かった。
今シーズンの富良野は、例年に比べて確かに寒い。
フォーラムフラノでは、観葉植物を置いているので、一日中マイナスには出来ない。それで、ストーブを最低限の温度に設定し、それ以上温度が下がればサーモスタット機能が働き、夜中でも朝方でも火が点く。
寒さが厳しければ、一日中ストーブが点きっぱなしになる。
先日、朝来るとストーブが止まっていた。もしやと思って、室外にある灯油タンクを見に行ったら、空(から)だった。
灯油屋さんに聞いたら、いつものペースで給油していたのに、こんなに早くなくなるなんて、と言われた。
寒さが続くと、灯油の消費量がモロに影響を受ける。
2月は強い寒波来るとの、天気予報。
はずれてほしい。ねっ。
 

■ 東五条通 by富良野のオダジー 2012年01月31日(火)

  46,569 byte今朝もよく晴れた。
事務所に行く前に、銀行に寄った。
写真はその時撮ったもので、「東五条通」。
JR富良野駅を出てすぐのメイン道路。
通りのまっすぐ向こうに、芦別岳がドカンと見える。
 

■ 今日は快晴 by富良野のオダジー 2012年01月30日(月)

  39,700 byte今日の富良野は快晴!
絶好のスキー日和だ。
大阪からスキー&スノーボードを滑りに来ているお客さんの話。
二日前にフォーラムフラノに来てくれたお客さんで、二年前にも寄ってくれて、スープカレーを食べて、鳴雪・書Tシャツを買ってくれたのだそうだ。
今日の昼にも来てくれた。
(私は二階にいて、妻との会話を聞いていた)
「5人のグループが食事に来なかったかい」
「えぇ、いらっしゃいました」
「ぼくが紹介したんだよ」
「あっ、そうですか。ありがとうございます」
こんなうれしいことはない。
本人が気に入って、何回か来てくれるのもうれしいが、紹介までしてくれるなんて!
帰るときは、今回も鳴雪・書Tシャツを買ってくれた。
写真は、いつもの自宅近くの空知川堤防。
富良野スキー場が見える。
 

■ マイナス24度、続き by富良野のオダジー 2012年01月28日(土)

  60,256 byteいつもの空知川。
この一つ前の写真と同じ場所。
さすがに、マイナス20度を越えると、こうなる。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -