■ 上富良野の牧草ロール by富良野のオダジー 2011年08月13日(土)

  47,732 byte8月10日(水)に、東京に住んでいる娘と息子が帰ってきた。娘は、すでに昨日、戻った。
札幌の息子が今日帰ってくる。
子供たちがみんな帰ってくる、お盆の“流れ”だが、こちらは仕事なので、お盆の“気分”はない。
むしろ、一年で一番忙しい時期にあたる。
それでも、やはり、子供たちに会えるのはうれしい。
写真は、旭川空港に迎えに行った時に撮ったもの。
 

■ 今日も30度越えるか! by富良野のオダジー 2011年08月13日(土)

  45,787 byte姉の情報だと今日も30度を越えるらしい。
私の情報源である「Yahoo!天気情報-富良野市の天気」を見てみる。
今日の最高気温は29度と出ている。あ〜、良かった。
昨日は、風が強すぎて、窓は開けられない、日除けのテントも出せない(手動でグルグルまわすタイプ)、しかも気温は30度越え。フォーラムフラノは大変な一日だった。
今日は、適度な風。
窓を開放し、テントで陽射しを防ぐ。昨日と比べれば、かなり過ごしやすいと思う。
でも、やはり、暑い。
富良野のお盆って、こんなに暑かったっけ?
写真は今朝、フォーラムフラノのすぐ目の前の交差点で撮ったもの。
 

■ クロード・ウィリアムソン「ニューヨークの秋」 by富良野のオダジー 2011年08月09日(火)

  31,755 byte今日も富良野は30度を越えるそうだ。
でも、曇っているので、あの直射日光のジリジリがない分、少しは過ごしやすい感じだ。(まだ分からない。最高気温はこれからだ!)
久しぶりのジャズである。
テナーサックスのスコット・ハミルトンの「マイ・ファニー・バレンタイン」を聞いていて、「ちょっとクドイけど、夜聞くには、やっぱりいいなぁ」と思い、同じヴィーナスレーベルのCDを探した。
少し迷ったが、「煙が目にしみる」を注文した。
一枚じゃ、なんだから、もう一枚となって、やはりヴィーナスレーベルのCDをあれこれ見た。けっこう悩んだ末、以前から気になっていたピアニストのクロード・ウィリアムソンの「ニューヨークの秋」にした。
これが、大当たり!
クロード・ウィリアムソンと言えば、ベツレヘム・レーベルの「ラウンド・ミッドナイト」が有名で、もちろん私も持っていて、お気に入りの一枚だ。
ヴィーナスレーベルは、“聞きやすい”CDが多く、最初はなんとなく敬遠気味だったが、ここに来て(どこに来たんだ?)ハマってしまった。
廉価版として1500円で発売していることが大きいが、気になっているCD全部買いたいぐらいだ。ヴィーナスレーベルは、日本のレーベルなので日本人好みの仕様になっている。(それが敬遠していた一つの理由だったのだが・・・)
CD「ニューヨークの秋」は、ピアニストのアル・ヘイグに捧げられている。アル・ヘイグと言えば、「インヴィテイション」。私の大好きなレコードだ。1974年に録音されたこのレコードは今でも時々聞いている。
成り行きというか、勢いというか、クロード・ウィリアムソンとアル・ヘイグのCDを注文してしまった。
 

■ オオハンゴンソウ by富良野のオダジー 2011年08月08日(月)

  114,524 byte今日も、暑い!
30度は突破している。きっと!
予報では、30度を越える日は明日まで。そう、願いたい。
写真は空知川べりのオオハンゴンソウ。
こんなに咲いている記憶がないので、急に増えたと思われる。(ただ単に気が付かなかっただけかも・・・)
少し前の北海道新聞の記事に載っていたが、釧路湿原で大規模なオオハンゴンソウの駆除作業が行われたそうだ。
ほっておくと、どんどん増えて、在来植物の生態系に影響を及ぼしたり、湿原の土地を乾燥させるらしい。

オオハンゴンソウ(大反魂草)
・キク科オオハンゴンソウ属の多年草
・北米原産の帰化植物
・日本へは明治中期に導入され、1955年には野生化
・環境省指定特定外来生物(第二次指定種)に指定されており、許可なく栽培・保管・運搬・輸入・譲渡するのは禁止
・地下茎から発芽を抑制する物質を分泌し、他の植物のみならず自分の種子さえも近くに発芽させない作用(アレロパシー/他感作用)を持つ
 

■ 今年最高の暑さ? by富良野のオダジー 2011年08月07日(日)

  41,277 byteもう、やめてほしい。
この暑さ。
直射日光が、正に、あのジリジリする、真夏の陽射しだ。(変な文章かな)
蒸し暑いのも困るけれど、“王道”で暑いのは、もっと困る。
この暑さを何かで撮れないかと見回したら、ミントが入ったコップが、涼しげにあった。
色々なところに置いて撮ってみた。
どうでしょうか?
この暑さ火曜日まで続くようだ。
30度越えが一週間ぐらい続くのは、富良野のちょっとした記録ではないか。
あ〜、暑い!
 

■ 暑い! by富良野のオダジー 2011年08月06日(土)

  86,446 byteどうゆーこと!
暑い!
30度越えが続いている。
富良野って、こんなに暑かったっけ。
記憶にない!
予報では、あと2、3日続きそうだ。
参った!
写真は、暑い陽射しを撮ったつもり。ん?
 

■ 今朝の富良野 by富良野のオダジー 2011年08月05日(金)

  51,605 byteいつもの自宅近くの空知川堤防から撮影。
今日もどうやら30度を越えたらしい。
暑い!
「今日は富良野の最後の暑さ」と言いながら、毎日暑さに耐えている。
今度こそ、もう最後の暑さだ。
そう信じよう。
まあ、ただ過ごす分には、それでも割りとさわやかだと思う。
仕事をするから、暑いのだ。
 

■ ノビタキ? by富良野のオダジー 2011年08月05日(金)

  28,682 byteこれも妹夫婦の畑での撮影。
大きな鳴き声が聞こえたので、探してみると、いた!
尾が長いので、ノビタキだと思う。

ノビタキ(野鶲、学名:Saxicola torquata)
・スズメ目ツグミ科に分類される鳥
・日本では夏鳥として、本州中部以北に渡来し繁殖
・北海道では平地の草原、本州では高原に生息
・成鳥雄の夏羽は、頭部や喉、背中、翼、尾が黒く、頸の両側と腹部は白い。胸は澄色で腰は白く、翼に白斑がある
・成鳥雌の夏羽は、上面が黄褐色で下面は淡い澄黄色、腹部はやや白味がかっている

と、いうことは、写真は成鳥雌だな。おそらく。
 

■ スモークツリー by富良野のオダジー 2011年08月05日(金)

  48,396 byte姉が妹夫婦のところから「スモークツリー」を切ってきて、フォーラムフラノに飾っている。
昨日も、お客さんから「これって、スモークツリーですよね。この辺のものですか?」と訪ねられた。
東北にお住まいの方で、ロシアに行ったことがある方なのか、「東北ではあまり見られないが、ロシアにはある木だ」と仰っていた。
姉によると、東京でも切り花として、今頃花屋さんで売っているということだ。
畑にいっぱいあるのだから、東京に“出荷”したら、面白いと思うが・・・。

スモーク・ツリー(smoke tree)
ウルシ科の落葉低木または小高木。高さ3〜5メートル。果実は小核果で少数つき、不稔(ふねん)花の花柄が開花後に細長く伸びて、花序全体がもやもやとして煙のようにみえるので名がついた。
中国中部、ヒマラヤから南ヨーロッパに分布し、庭木とする。
※不稔(ふねん)花
雌しべ・雄しべの発育が十分でないため、種子をつくらない花。
 

■ ブルーベリーの季節 by富良野のオダジー 2011年07月29日(金)

  50,962 byteブルーベリーの季節がやってきた。
今朝、富良野農場・麓郷に行ってきたが、収穫できそうな実がだいぶなっていた。
近々、収穫しようと思う。
楽しみ!
先日、高校の我が同級生、山田がフォーラムフラノに来てくれた。
会って、“ちゃんと”話すのは初めてかもしれない。
顔も知っていて、だいたいどんな奴かも知っているが、あまり話したことの無い関係。山田とはそんな感じだったと思う。
同級生って、歳を取れば取るほどイイ関係になるような気がする。もう、ライバルでもないし、ただただ会うとうれしい関係になるのだ。と、思う。
その山田が同級生のメーリングに下記の書き込み。

『富良野でオダジーと顔を合わせてきました。
若い!想像どおりでした。
面白がって生きてるやつはいいね。』

これに対して、私はノーコメントです。
歳取ることが、少し楽しくなってきた。(少し、ウソ!)
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -