■ 美瑛 by 富良野のオダジー 2020年12月17日(木)

  36,798 byte昨日の午後3時30分頃、美瑛。
国道237号線からいつも見ているところ。
空がピンク色に見えたので、慌てて車を停めて撮影した。
いい感じだった。
 

■ 昨日の朝 by 富良野のオダジー 2020年12月15日(火)

  371,291 byteここ2、3日、雪が降っている。
これでだいぶスキー場のコンディションは良くなったと思う。
おそらく、私は来週に初滑りに行く。
今年もまた、スキー場からの写真を紹介するので、お楽しみに!
写真は昨日の朝に撮影した。雪が少し降っていて、太陽がいい感じになった。
 

■ 勢い良く燃えたね by 富良野のオダジー 2020年12月13日(日)

  786,791 byte煙突の煤(スス)も無くなって、勢い良く薪が燃えた。
肉体労働って、割りとすぐ結果が出るからいいね。
実は、レストランか始まると毎日掃除機をかけ、薪ストーブに火をつけている。そして週に一度の植物の水やり。
レストランが始まると、身体がけっこう忙しい。
もちろん、雪かきもある!
そうだ!スキーもある。
風邪に負けず、頑張ります!
 

■ 煙突掃除 by 富良野のオダジー 2020年12月13日(日)

  81,971 byte今日は一日中雪が降って、けっこう積もったが、朝はまだそれほど降っていなかった。
毎年一度はやらなければならない「煙突掃除」を今朝やった。
今年は1Fレストラン「フォーラムフラノ」は12月18日(金)からオープンする。料理の方は妻が用意しているが、私もそれなりに準備しなければならない。その一つがレストランにある薪ストーブの煙突掃除。
やれば30分もかからないのだが、なかなか「やろう!」と決心するまでに時間がかかる。
たまたま、今朝、決心できた。あ〜、良かった。
 

■ 除雪車 by 富良野のオダジー 2020年12月01日(火)

  106,886 byteあっという間に、きれいにしてくれた。
有難い!
 

■ 約30cm by 富良野のオダジー 2020年12月01日(火)

  61,117 byte雪の深さは、約30cmあった。
これで、スキー場は一息ついたと思う。後もう一回これぐらい降ってくれると、いい状態になると思う。
今週はまだまだ雪が降りそうなので、期待できる。
いよいよ、オダジーはスキーシーズンに突入だ!
 

■ フォーラムフラノも雪 by 富良野のオダジー 2020年12月01日(火)

  84,567 byteフォーラムフラノもご覧のような雪!
ここも業者の除雪車が来てくれるのだが、ベランダや玄関まわりは、私の“人力”だ。
それと、テラスの屋根の雪も下ろさなくてはならない。
結局、今朝は2時間近く除雪と、工場の入り口を塞ぐ作業にかかった。
あ〜、疲れた!
 

■ ついに大雪! by 富良野のオダジー 2020年12月01日(火)

  82,694 byte朝起きたら、けっこうの量の雪が積もっていた。
毎年、除雪を依頼している業者の除雪車も出動してくれた。
写真は亡き父の建具工場の奥の入り口をコンパネなどで塞いだ。屋根から雪が落ちてドアが壊されるのを防ぐためだ。
いつもより早いと思うが、今朝、私の“作業モード”のスイッチが入ってくれたので、一気やってしまった。
良かった!
 

■ 縁(えん) by 富良野のオダジー 2020年11月30日(月)

  81,251 byte今年の10月7日のワイワイ日記に書きましたが、紀野一義著『「法華経」を読む』を読みました。
その中に源隆史写真集「山河微笑」が紹介されており、古本で買いました。
発行が昭和53年(1978年)ということは、私が大学を卒業し、東京の婦人服「三愛」でまだ働いている25歳の時だ。その頃はもう、紀野一義さんの本は何冊か読んでいたが、この写真集とは出会わなかった。
源隆史さんの年譜を見ると、1977年に東京西麻布ペンタックスギャラリーで個展開催とあった。私が写真家の那須野ゆたかさんと一緒に「彩(いろどり)の大地-Furano-」展を1987年に開催したのは東京西新宿のペンタックスフォーラムだった。
源さんも那須野さんもペンタックスのカメラを使っていたのと、おそらく写真展の会場としても人気があったからだと思う。
ちょっと調べると、「ペンタックス・ギャラリー」の設立は昭和42年(1967年)で、その後、昭和56年(1981年)に場所も西新宿に移り、名称も「ペンタックス・フォーラム」になったようだ。
なんか“縁”があって、うれしくなった。写真の被写体も同じ風景というか自然だし。
「山河微笑」は写真とともに紀野一義さんの文章や詩人が書いた詩も掲載されていて、私と那須野さんで最初に出版した写真集「彩(いろどり)の大地-Furano-」や山頭火の句と書道とコラボした写真集「富良野で山頭火」とコンセプトが似ていたのもうれしかった。
もし良ければ、私が書いた「フラニスト物語」にペンタックス・フォーラムでの写真展のことも書いているのでご覧ください。
「フラニスト物語」より
 

■ 上富良野の風景その3 by 富良野のオダジー 2020年11月25日(水)

  60,004 byteいつもの撮影ポイント。
月も写っています。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -