■ ヘビの話 by富良野のオダジー 2009年04月02日(木)

  113,650 byte昨日、札幌に行ってきた。
行く途中、小腹(こばら)が空いていたので、コンビニで巻き寿司と2個入りパックの煮込み玉子(味付け玉子?)を買った。
その時、私が妻に「オレは、この玉子を見ると、ついつい買ってしまう。もしかして、オレの前世はニワトリかもしれない」と言ったら、「ニワトリは玉子を食べないから、玉子を食べるヘビとかじゃないの」と妻。
「そりゃ、そうだ。私の干支はヘビだし、だから玉子が好きなんだ」
こんな会話のせいかどうか分からないが、朝方、ヘビの夢を見た。
どこか山の中で、私の足元に、次から次に、ヘビが通っていく。かなり太くて長いヘビもいる。
ヘビに噛まれることも、ヘビを踏むこともなく、無事山を下りたところで目を覚ました。
いつも起きる時間より、少し早かった。
もちろん、ヘビを好きなわけではないので、あまりスッキリという感じではなかった。
今朝の天気はまさに晴天だった。
せっかく早く起きたし、天気がいいので、ある土地の“調査”に出かけることにした。
何のための調査かは、そのうち、お知らせする。(ちょっと、お楽しみ!)
写真は、そのある土地。高台にある9000坪の林。
夏来た時は、笹が生い茂って中に入れない状態だった。今は笹は雪の下で、雪もだいぶ融け、けっこう歩けた。
歩いていて、フッと思った。
朝方見た山の夢も、林の中だった。雪こそ無かったが、傾斜や木の感じが、そっくり同じだ。
玉子→ヘビ→山の林
現実と夢の不思議なコラボレーション。
そう言えば、ヘビの夢は吉夢と母親に聞いたことがある。
ネットで調べてみると、「ヘビが沢山集まっている夢は金銀財宝に縁がある前兆」とあった。
ん〜ん。
 

■ 春近し、続報 by富良野のオダジー 2009年04月01日(水)

  58,638 byteいつもの、お気に入りの、空知川堤防。
だいぶ、雪も融け、春を感じさせる。
とは言うものの、朝方はまだマイナスだ。
今、10時過ぎだが、ちょっと寒い。
4月1日の富良野でした。
 

■ 君子蘭 (クンシラン) by富良野のオダジー 2009年03月31日(火)

  80,465 byte気が付いたら、フォーラムフラノのテラスに咲いていた。
ちょっと、ビックリ。
おそらく、去年も咲いたと思うが、記憶に無い。
もしかしたら、来年の今頃も、今年のことを忘れて、驚いているかもしれない。
もちろん、名前も知らなかった。
東京の姉に聞いたら、君子蘭 (クンシラン) だと言う。ネットで調べたら、出ていた。

クンシラン(君子蘭)はヒガンバナ科クンシラン属(Clivia)の植物の総称。「ラン」とつくが「ラン科」ではない。「高貴な花」とのイメージから「君子蘭」の名前になった。

何でも調べるとおもしろい。
56年も生きてきて、ホントに何も知らない。知らないのはまだいいとして、知っていたことも忘れる。
実は、3月28日に、56歳になった。
最近、特にヒドイ。
忘れるのは当たり前、すごく困るのは、集中しようとしても、集中できないことだ。
私の実感だと、集中できない分、何をやるにも、だらだら時間がかかる。
少し前までは、定年が55歳だったが、よく分かる。
本来、私も55歳で仕事をやめた方がよいのかもしれない。
なんて、ホントは、思ってないよ。(でも・・・)
 

■ 春近し by富良野のオダジー 2009年03月30日(月)

  62,491 byte昨日、春がもうすぐ来る、みたいなことを書いたのに、写真は雪だらけだった。
あれは、畑だからだ。
畑だって、見た目は、もうすぐ雪が融ける感じだった。
今日の写真は、我家の前の道路だ。
中心街から離れた、郊外の住宅地は、こんな感じだと思う。
今時期いつも思うのだが、一生懸命雪を融かす努力をしなくたって、やっぱり、雪は融ける。
「融ける」を調べた。
と・ける【溶ける/解ける/融ける】とあった。雪の場合、どのとけるが正しいのか、ちょっと心配になった。
以前は、雪が溶けるにしていたと思う。
漢字は難しい。
溶ける、解ける、融ける、どれを使うかは、自由なんだべかぁ〜。
我家の近所に、“鬼の首を取ったように”雪を融かしている方がいる。極端に言うと、いつ見ても、雪が融け易いように、スコップで細かく砕いている。
お陰で、その方の住宅のまわりは、もうすっかり雪が無い。
毎年のことだが、町内では、我家の雪が一番遅くまで、残っている。
「どうせ、融けるさ」と、うそぶいている訳ではない、内心は融かすのをサボっているを気にしている。
一気に雪を融かしてくれる、春の太陽に感謝、感謝だ。
 

■ 3月29日の富良野 by富良野のオダジー 2009年03月29日(日)

  64,093 byte今朝の富良野は、気持ちのいい天気だ。
気温はまだマイナスなので、ちょっと寒い。
でも、贅沢は言えない。
真冬の寒さと比べれば、もうすぐ春を感じさせる寒さなんて、ありがたい。
暑くなればなったで、暑い、暑いを連発するのだから、死にそうな寒さでなければ、ヨシとしよう。
毎年のことだが、春を目の前にすると、なんとなくウキウキする。そして、どういう訳か、子供の頃を思い出す。
この歳になっても、春は私をウキウキさせるのだから、子供の頃のウキウキは、今の何倍もウキウキだったのだろう。
自転車に乗れるウキウキだったのかもしれない。
“短靴”を履けるウキウキだったかもしれない。
子供の頃は、雪が降るとずっと長靴だった。それも今のように軽い長靴でなくて、重いゴム長靴。足元が軽くなると、心も軽くなったのかもしれない。
野球も出来る、釣りも出来る、ビー玉も・・・。
そうか、子供の頃って、雪が融けると友達と色々遊べるから、ウキウキしたのか。
次々こんなことを思ったのは、春のせいばかりじゃないのかもしれない。
先日の上京の際、小学校の同級生の井端と会って、子供の頃の話を沢山したからだ。
まあ、とにかく、もうすぐ富良野も春だ。
 

■ 築地 by富良野のオダジー 2009年03月28日(土)

  84,279 byte昨日、築地に行ってきた。
娘の会社が築地にあり、一緒に昼食を食べよう、ということになった。
天気は晴れ。
気持ち良く、ブラブラ歩いていると、ネコが出てきた。
築地のネコも悪くないなと、ワイワイ日記用に、カメラを向けた。
「なんか、芸能人のブログみたいになってしまうよ」と、息子。
そう言われれば、確かにそうかもしれない。
可愛い動物を載せれば、それなりの感じになりそうだもの。
もっと、ちゃんと撮りたかったけど、息子に“注意”されたので、中途半端になってしまった。
まあ、芸能人風もいいでしよう。
せっかく築地だから、やっぱり、寿司でしょうと、娘が案内してくれたが、どこも行列。
ちょっと奥まった、空いていそうな店を選んだが、そこも満員。
もう、こうなったら、と決心して、待つことにした。
けっきょく、20分ぐらい待って、中に入った。
これが、大当たり! うまかった!
ランチメニューなので、料金も安い。
さすが、築地の寿司。
料理は待たされても、美味しければ、不満はでない。
娘たちと一緒に食べたこともあるが、幸せな昼食だった。
 

■ しゃぶしゃぶ「千成(せんなり)」 by 富良野のオダジー 2009年03月25日(水)

  60,388 byte昨年の11月に、40年振りに再会した富良野小学校の同級生、ホームアドバイザーの「井端純一(いばたじゅんいち)」と、明日また会う。
井端のことは、ワイワイ日記の「同級生 2008年11月20日(木)」でも、紹介した。
同級生との話で一番盛り上がるのは、「あいつ、憶えてるか?」「憶えてる、憶えてる」「あいつ、どうしいるかなぁ?」
こうなると、地元に住んでいる私は、リアルタイムの情報を得意げに言うことになる。
「畑中、知ってる?」
「あっ、あ、畑中な、知ってる、知ってる、一緒に柔道やっていた。今、どうしてる?」
「しゃぶしゃぶ千成っていう店やってるよ。美味しいし、評判いいよ」
と、いうことで、今回の井端との盛り上がりのため、一昨日、千成に行ってきた。
畑中は、井端のことを鮮明に憶えていた。
柔道の大会で唯一優勝した決勝戦の相手が井端だったそうだ。
明日はまた、盛り上がりそうで、楽しみだ。
 

■ 旭川空港の朝は雪 by 富良野のオダジー 2009年03月25日(水)

  50,247 byte今日から上京している。
写真は、今朝の旭川空港。
昨日は、「富良野は雪解け」とワイワイ日記に書いたばかりなのに、この雪景色。
まあ、雪解け、雪を繰り返し、春を迎えるのは、いつものことか。
それにしても、今日は、野球一色だった。
たまたま、延長になったので、私も10回の表、裏を見ることが出来た。
イチローのヒット、その裏のダルビッシュの投球、けっこうしびれた。
 

■ 富良野も雪解け by 富良野のオダジー 2009年03月23日(月)

  71,985 byte今朝の、フォーラムフラノの前。
さすがの富良野も、雪解けが急ピッチ。
いよいよ、春近しだ。
でも、こうなると、泥だけになる。
以前、九州の友人をこの時期、空港に迎えに行ったことがある。車が泥だけなのを見て、驚いていた。
車が汚れていても、私はそんなに気にならないので、驚いたことに、ちょっと、驚いた。
この時期なると、いつも、このことを思い出す。
 

■ ソニー・クリス「アウト・オブ・ノーホエア」 by富良野のオダジー 2009年03月21日(土)

  39,200 byte一昨日は雨で、昨日は風が強く、雪がパラついて、今朝はちょっと冷え込んだ。
仕事に追われつつも、仕事以外のことを色々考えてしまう。
いや、時間に余裕がない時ほど、ジャズを聞きたくなったり、本を読みたくなるのと同じで、仕事に追われれば、追われるほど、合間、合間に違うことで頭を使いたくなるのかもしれない。(なんだか、意味不明?)
まあ、とにかく、色々考えているのだ。
例えば、民主党の小沢代表のこと、かんぽの宿、派遣切り、ワーキングプア、社会体制、アメリカ、日本人、宗教、子供たち、自分・・・。
ん? 
そんなこと考えるより、目の前の仕事をちゃんとやれ、てかっ。(分かっています。頑張ります。)
この2、3年で買ったCDの中で、聞く回数ベスト3に入る勢いの「アウト・オブ・ノーホエア」
3月8日のワイワイ日記に載せたアルトサックスのソニー・クリスのCDで、紹介した「サタディ・モーニング」と同じ1975年録音のもの。
この時期のもう一枚「クリスクラフト」も以前ワイワイ日記で紹介した。
ソニー・クリスのレコード、CDは他にも沢山持っているが、この3枚はホントに好きで、これからもずっと聞き続けると思う。
この時期のソニー・クリスは、アルバムを聞く限り、まさに“絶好調”“絶頂”だったと思う。
それなのに、二年後の1977年、来日直前にピストル自殺をしてしまう。
ソニー・クリスの朗々と吹き切る爽快さの奥に潜む「悲しみ」が、私には自殺と関係があるような気がしてしまう。
ジョン・コルトレーンは自殺ではないが、わずか40才で、その過激な人生を終える。
私の勝手な思い込みかもしれないが、素晴らしいアーティストは、命をかけて、命をすり減らして、音楽を残してくれたと思う。
ソニー・クリスに、今更ながら、感謝したい。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -