■ 行者ニンニク by富良野のオダジー 2013年05月22日(水)

  79,505 byte昨日の夕方、先輩から電話があり、ある農家さんの畑に一緒に行くことになった。
車で15分ぐらいのところにその畑はあった。
農家さんはビニールハウスの中にいた。先輩はトマトの苗を頼んでいたらしく、箱に苗を詰め始めた。
ハウスの外に出たときに、ビッシリ育っている“葉っぱ”を指差して、「これなんだか分かるか?」と先輩は聞いてきた。
もしやと思って、「行者ニンニク?」と答えた。
これが大正解。
農家さんは、「こんなに大きくなったら、硬くてもう食べられない」と言う。
えっ、なんで収穫しなかったの、と不思議に思ったら、先輩が横から、「この人は、作るのはウマイけど、売るのはヘタなんだ」と、ニャッと笑った。
それで、私に向かって、「どうだ、来年インターネットで売らないか?」と聞く。
「売れるかどうかは分かりませんが、インターネットで販売するシステムは作れると思います」と答えた。
内心、これは面白いと思った。
行者ニンニクの美味しさは特別のものだし、富良野の自然を感じさせる野性味溢れる山菜だ。
今朝からインターネットで行者ニンニクについて色々調べている。
販売すると言っても、来年のことなので、じっくり研究しようと思う。
乞うご期待なのだ。
 

■ トマト作業その3 by富良野のオダジー 2013年05月20日(月)

  76,744 byteこの写真がとりあえず、最初の段階の作業の完成。
畑を耕す(電動耕運機)→畝を作る(スコップ+レーキ)→潅水ホースを2本渡す→ビニールマルチを敷く→支柱を立てる(電気ドリル+カケヤ)→支柱の上を2本のパイプで補強(金切りノコ)→マルチの穴をあける(マルチ穴あけ器)→苗を植える→支柱にビニールテープを回す→ビニールテープにトマトの茎を留める(テープナー)。
今後の作業
・ビニールマルチの両端に土をかぶせる。
・通路に何か敷物を敷く。
・潅水ホースを配管。
・支柱にビニールテープを約20cmの間隔であと7段。
栽培の作業
・水遣り→定植してから20日から25日間は水をやらなくて良いとのアドバイスを受ける。(早くに水をやると上根になって夏場萎れる)
・脇芽(わきめ)取り。(トマト作業のメイン。ヨコジーに教えてもらう予定)
・伸びた茎をテープナーでビニールテープに留める。

今朝、苗が少ししおれていたので、定植してすぐに1本ずつ水をやった。明日の朝にしおれていた苗が元気になっているか見るのが楽しみ。(元気になっていてほしい!)
さて、うまく育つかどうかは、お楽しみ。
 

■ トマト作業その2 by富良野のオダジー 2013年05月20日(月)

  62,930 byteトマトの茎を支柱に留めるのが、けっこう面倒だと思っていた。聞いてみると、どうやら簡単に出来る道具があると言う。
プロも使っている、マックス園芸用結束機「テープナー」。これが、やはり、優れもの!
茎を傷つける心配もなく、簡単に、すばやく作業が出来た。たかが50本ぐらいのトマトにそこまでと笑う人もいると思うが、シロウトだからこそ、プロの道具を使いたい。技術もなくて、道具もない、これでは本質(答え)に近づけない。技術は経験や才能、努力が必要だが、道具は買えば手に入る。シロウトは、まず道具だ。
実は、このテープナーの説明書を何度見ても使い方が分からず、農協の資材部に現物を持って、使い方を聞いてきた。あの説明書で分かる人って、どれぐらいの割合でいるのだろうか。教えてもらえれば、まったく簡単なのだが、私はとうとう分からなかった。
聞くのはちょっと恥ずかしかったが、意地を張ってやっていたら、かなり時間の無駄をしたと思う。
「聞くは一時の恥だ」。ねっ!
 

■ トマト作業その1 by富良野のオダジー 2013年05月20日(月)

  72,616 byte今朝は寒かった。
が、ビニールハウスの中は暖かく、今日も汗だくの作業になった。
支柱作りの残りをやって、ビニールマルチに苗を入れる穴を掘って、今日は終わり!苗はゆっくり明日植えようと思っていた。
しかし、昨日の暑さのために苗が少ししおれていた。これは早く植えた方が良いと思い、頑張った。
結局、マルチ穴あけ器(写真のオレンジ)で50個の穴を開け、50本の苗を全部植えて、支柱にビニールテープを張って、それにテープナー(次のワイワイ日記で紹介)で苗が倒れないように留めた。
あ〜、疲れた。
何事も、簡単なことはない!
 

■ カタクリ by富良野のオダジー 2013年05月20日(月)

  47,592 byte昨日の朝に「なまこ山」で撮影したもの。
カタクリの花も遅れていて、今頃がいい感じだった。サクラの花はまだ咲き始めだったので、撮影しなかった。でも、今朝なまこ山を見たら、かなり色づいていた。昨日のバカ陽気(ホントに暑かった!)で一気に開花したのだろう。
今週は、花見週間になりそうだ。やっと、花見だ。
昨年のカタクリと比べると、2週間以上の遅れだ。サクラもちょうどそんな感じだ。
 

■ トマトの支柱を立てた by富良野のオダジー 2013年05月19日(日)

  80,130 byte今朝は7時から2時間かけて、トマトの支柱を立てた。
ビニールハウスの中は朝から暑く、もう汗だく。
義兄から支柱を埋める穴を開ける電気ドリルを借りてきたのが、正解だったと思う。
けっこう、手こずると思ったが、思ったよりはスムーズに立てることができた。
もちろん、簡単にスポッと入りはしなかった。脚立に上がって、カケヤ(木槌の大きいもの)で支柱を叩きながら埋めていった。
なにしろ、私がお手本にするプロと同じ仕様なのだ。まだ途中なので、明日の朝に完成させるつもりだ。
それから、やっと、苗を植えることになる。
苗を植えるのは、明後日になりそうだ。
 

■ 旭川駅からの帰り by富良野のオダジー 2013年05月19日(日)

  44,533 byteいつものジェットコースターの路を通って、旭川駅から戻ってきた。
昨日は、色々な場所から十勝岳を見て、みんなで「素晴らしい!」を連発していた。
十勝岳に感謝だ。
 

■ 昨日はお客さんと富良野観光 by富良野のオダジー 2013年05月19日(日)

  124,308 byte昨日は友人に頼まれて、埼玉の大きなお菓子屋さん(ご夫婦と娘さん)をぐるっと案内した。
スタートは朝の9時で、六花亭→ワインハウス→ワイン工場→新谷菓子店→ふらのマルシエ→チーズ工房→フラノデリス→フォーラムフラノ(ひと休み)→ファーム富田→美瑛の風景→美瑛選果→旭山動物園→旭川駅。
まあ、天気も良く、盛り沢山の“視察”ができたと思う。
写真は、ファーム富田のグラスハウスで咲き誇っていたラベンダー。7月でないと見られないラベンダーを体験してもらったのは良かった。
 

■ 「麓郷の森」の前 by富良野のオダジー 2013年05月17日(金)

  39,267 byteこれは、「麓郷の森」のすぐ前の牧草地と芦別岳。
ここからの眺めも素晴らしい!
 

■ 芦別岳 by富良野のオダジー 2013年05月17日(金)

  42,575 byte西達布に行く途中にある、私の撮影ポイント。
空知川と芦別岳。
いつ撮っても、いい感じだ。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -