■ 井上陽水「もどり道」 by富良野のオダジー 2009年06月22日(月)

  41,782 byte昨日の朝だが、何かの拍子で、陽水を聞きたくなった。陽水は、青春そのもので、私にとっては今でも特別な思いがある。
ついでに言うと、小説家だと、太宰治。今年生誕100年だそうで、ちょこちょこ名前を目にする。
「人間失格」とか「晩年」、「斜陽」などをまた読み返したい気がするが、流石に読書は時間がかかるので難しい。
その点、歌はいい。聞けば良いからだ。
このレコード「もどり道」は、1973年(昭和48年)の発売で、私がちょうど二十歳の時だ。
もしかしたら、一番多く聞いたレコードかもしれない。どういう訳か、あの当時のほかに持っていたレコードはなくなったのに、これだけは、ずっと手もとにある。
私は“ナツメロ”として、陽水を聞くことはない。聞くときは、いつも今の気持ちで聞く。
A面を一緒に歌いながら(店の開店前)、夏まつり、いつのまにか少女は、紙飛行機、あかずの踏切り、たいくつと続いた。
このレコードはライブ録音で、曲と曲の間に陽水の“語り”が入っている。
次の「人生が二度あれば」が入る前に、自分の父親のことをとつとつと、しんみり話す。
それを聞きながら、今の陽水がこれを聞いたら、恥ずかしい思い、若気のいたりのような感じなんだろうか、などと大きなお世話なことを考えたりして、聞いていた。
歌に入って、今まで何回も、何十回も聞いた歌をいつものように聞いていたのだが、不意に涙ぐんだ感じになってしまった。
もちろん、初めてである。
理由は、すぐ分かった。
今までは、陽水側(子供)の立場で、親に対する歌として聞いていたのだ。昨日に限って、親側の立場で聞いてしまったのだ。
「顔のシワはふえて ゆくばかり 仕事に追われ」とか「子供を育て 家族の為に 年老いた母」とかに、反応したのだ。
私もあと十年足らずで、子供たちにこんな感じで思われるのだろうな、と浮かんだことに反応したのだ。
陽水は人生が二度あればなんて、本当は思っていない。人生は一度しかないから、尊いし、いとおしいのだと思っているはずだ。
そう、私が勝手に理解している気持ちは、今も変わらない。
 

■ 芦別岳 by富良野のオダジー 2009年06月21日(日)

  53,411 byte富良野はここ何日か、ずっと曇りっぽく、スカッと晴れない日が続いている。
高校時代の同級生に頼まれた芦別岳の写真も撮ろうと思うのだが、撮れない。
この写真は、たまたま山部にある「生涯学習センター」に用事があったので、ついでに撮ったもの。
陽の加減も、空の雰囲気も良くなかったが、とりあえず撮ってみた。
山って、近づけば近づくほど、山のスケールが出なくなってしまう。山というより、森になってしまう。
ちょうどよい、距離感が必要だと思う。
天気が良いときに、それを探して、撮ってみます。
 

■ エゾムラサキ(蝦夷紫) by富良野のオダジー 2009年06月19日(金)

  69,576 byteオダジーの雑草情報、その2。
エゾムラサキ(蝦夷紫)。これもフォーラムフラノと隣接している空き地に咲いている。
ムラサキ科、ワスレナグサ属、多年草、別名はミヤマワスレナグサ、ムラサキグサ、学名はMyosotis sylvatica。sylvatica は、「森の」という意味。
花径5〜8mmの小さな花。萼は切れ込みが深く、立ち上がった鉤状の毛がある。(他のワスレナグサ属の萼の毛は平たく伏している。)
ワスレナグサ属の中で唯一の日本在来種(元来の自生分布地は北海道根室付近と長野県松本盆地)。
日本の園芸業界では、ワスレナグサとして流通している。
今後もどんどんオダジーの雑草情報は続けるが、にわか勉強なので、間違っている可能性もある。間違っていたら、教えてください。
よろしくお願いします。
 

■ コウリンタンポポ(紅輪蒲公英) by富良野のオダジー 2009年06月19日(金)

  87,839 byte雑草づいているオダジーの今日の雑草情報、その1。
フォーラムフラノに隣接している空き地に咲いているコウリンタンポポ(紅輪蒲公英)。
正式の名前は「ヒエラシウム」、別名は「絵筆菊(えふでぎく)」、科名はキク科、学名はHieraclum aurantiacum。
ヨーロッパ原産の多年草の帰化植物で、明治時代に観賞用に持ち込まれたものが野生化し、全国に広がったらしい。
ネットって、本当に便利。事務所に居ながらにして、色々なことが調べられる。
 

■ かなやま湖その2 by富良野のオダジー 2009年06月19日(金)

  37,693 byte昨日、かなやま湖その1を書いて、その2も書こうとしたら、パソコンがちょっとおかしくなって、「まぁ、いいや、明日書けば」ということになり、今書いている。(なんのための情報?)
その1を撮影したときに、大きい鳥が悠々と飛んでいた。
私は鳥のことなどあまり知らないが、今までの人生で聞いたことを類推すると、おそらく鷲(わし)ではないような気がした。根拠はないが、鷲(たか)かトンビじゃないかと思った。
調べてみた。
鷹(たか)とは、タカ目タカ科に属する鳥のうち比較的小さ目のものを指す通称である。 オオタカ、ハイタカ、クマタカなどの種がいる。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲・Eagle)、小さめのものをタカ(鷹・Hawk)と呼び分けているが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているに過ぎない。

なにっ!
ということは、鷲(わし)も鷲(たか)も大きさの違いだけで、同じ鳥なのか。

更に調べる。
トビ(鳶:学名Milvus migrans)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。トンビとも言う。

なにっ!
ということは、トンビもタカ目タカ科に属するから、鷲(わし)も鷲(たか)もトンビも、厳密な区別はないということか。
ん?
 

■ かなやま湖その1 by富良野のオダジー 2009年06月18日(木)

  42,785 byte今日、南富良野で仕事の打ち合わせがあった。
その帰り道を、いつものように、かなやま湖を通るルートにした。
少し陽も射していたが、雲の多い、どんよりした空だった。
そんな天気のせいなのか、今日のかなやま湖を見ていると、イギリスの湖水地方を思い出した。
なんか、こんなような風景を見たような気がした。
音がなく、し〜んとしているようで、いい雰囲気だった。
 

■ フランスギクが一面に by富良野のオダジー 2009年06月18日(木)

  87,137 byte昨日、食事をしようと、上富良野に向かった。
途中の中富良野に咲いていた一面の「フランスギク」。
フランスギクは、ワイワイ日記でも紹介したし、そこかしこに咲いているが、あんまり沢山咲いていたので、ついついまた撮ってしまった。
 

■ 空知川ラベンダーの森ゴルフコースの練習場 by富良野のオダジー 2009年06月18日(木)

  60,107 byte昨日は、フォーラムフラノの定休日。
ちょっと、ゴルフのスイングのイメージが湧いていたので、練習所に行くことにした。
たまたま、札幌の不動産会社に勤めている息子も休みで帰省したので、「お前も行かないか?」と聞いたら、「行く!」と言うので、一緒に行った。
荻窪の息子同様、小学生の低学年のときに連れてきて以来のゴルフだ。
これが、けっこう当たる。
なかなか“スジ”がいい。少なくても、私よりはずっと早く上達しそうだ。
結局、私はほとんど打たなくて、息子は手の皮がむけるほど打つことになった。
ここの練習場は、写真の通り、すばらしいロケーションで、練習をしていても、爽快な気分になるが、都会の練習場のように、自動的に玉がセットされない。
私は、息子の向かい側にしゃがんで、いちいちスイングに注文をつけながら、打った次から次に玉をセットする。(息子は打つ人、私はボールを置く人)
ゴルフは人のことでも、ついつい夢中になってしまう。自分が人一倍ヘタクソで苦労したので、教えることで、少しでも上達するのなら、教えたい!と思ってしまう。ゴルフを始めた頃の自分とダブるというのもある。(大きなお世話かもね)
 

■ 富良野農場のさくらんぼ by富良野のオダジー 2009年06月15日(月)

  69,827 byte麓郷にある天香園の富良野農場に行った。ブルーベリーはもう沢山花が付いていた。
山形から富良野に来て、3年目。いよいよ富良野の土と気候に慣れただろう。昨年以上に、収穫が出来そうなので、楽しみだ。
さくらんぼの畑を歩いていて驚いた。
昨年はあまり目に付かなかった青い実が、びっしり付いている木がけっこうあった。
こちらも楽しみだ。
天香園の岡田専務に携帯で知らせると「この前行ったとき、花がいっぱい咲いていたので、なるとは思っていたけど・・・」と、うれしそうな返事。「問題は、受粉がちゃんとしてないと、実が青いままで落ちるので、それが心配だ」。
そうなんだ、青い実がなったからって、そのまま赤い実になるとは限らないのか。
まあ、私に出来ることは、赤い実になってくれ!と、祈ることぐらいか。
これからは、富良野農場に来るたびに、お願いしよう。
「赤い実になってくれ!」と。
 

■ ブルースシンガー「田中良(まこと)」2009 by富良野のオダジー 2009年06月15日(月)

  47,018 byte今朝の富良野も曇っていて、寒い。
寒がりのあたしは、机の下に置いてある小さな電気ストーブをつけて、ワイワイ日記を書いている。あ〜、さぶっ。
昨夜は、フォーラムフラノで、昨年の4月に続き、ブルースシンガーの田中良(まこと)さんのコンサートがあった。
ブルースと言えば、富良野では、ラジオふらのでもお馴染みのジャイブ坂下だが、今回のコンサートもジャイブが中心になって開催した。
田中さんの歌は、私の感覚だが、昨年以上に“凄み”があったように思う。
プロとして歌い続けている人の凄み。
やはり、いい歌を聞くと、テンションがあがるなぁ。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -