■ 「QUIET TRIANGLE CONCERT IN 富良野」無事終了 by富良野のオダジー 2008年09月23日(火)

  68,521 byte「QUIET TRIANGLE CONCERT IN 富良野」が昨日の夜、無事終わった。
コンサートを聞いた私の友人が「今までの浜田のコンサートで、一番良かったな」と言った。
この友人は函館の高校で、私は富良野の中学で、浜田と同級生だった。今回のコンサートには、同級生もけっこう集まり、“故郷に錦を飾る”的なコンサートでもあった。
私としては、今までのコンサートも良かったし、昨日のコンサートも良かった。
ただ、ひとつ言えることは、一曲目からアンコールまで、すべての曲を通して、心地よい浜田ワールドが広がっていたということだ。
オリジナル、ジャズのスタンダード、ボサノバ、クラシック、日本の歌と、様々なジャンルの曲が演奏されたにも関わらず、統一されたイメージで聞こえた。
おそらく、すべての曲が、浜田の今までの音楽人生の中で、血となり肉となって、身体に染み込んだ曲だからだろう。
ある意味、浜田にとって、一つの“到達点”の演奏だったのかもしれない。
写真は、今日の昼のものだ。
フォーラムフラノでリラックスしているところを撮らせてもらった。
あっ、言い忘れるところだった。
共演者の赤木りえさん、古川麦さんの演奏が素晴らしいからの、浜田ワールドです。
 

■ 「ブルーノートの私の3枚」 by富良野のオダジー 2008年09月20日(土)

  34,482 byte先日、下記のメールが届いた。

オダジー様
この度はEMIジャズサイトにて募集しました「投稿:ブルーノートの私の3枚」にご応募いただきましてありがとうございます。頂いたコメントを「ブルーノートクラブ」の会報誌に掲載させて頂きました。EMIジャズサイトに掲載される可能性も今後ございます。

何ヶ月か前の、テンションの高い日、私は「ブルーノートの私の3枚」に投稿した。多少は気にかけてはいたのだが、すっかり忘れていた。
恥ずかしながら、掲載の謝礼「ブルーノート・オリジナル音楽ギフトカード3000円分」につられてしまった。
私が選んだ3枚は、ケニー・バレル(ギター)の「ミッドナイト・ブルー」、ユタ・ヒップ(ピアノ)「ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1」、ドナルド・バード(トランペット)の「フュエゴ」。どれもが、レコードで30年以上前から持っている愛聴盤だ。
オダジーが書いたコメント(約100文字)は、「ブルーノートクラブ」か、もし掲載されたら「EMIジャズサイト」で見て下さい。私もまだ、見ておりません。
 

■ マン・レイ by富良野のオダジー 2008年09月17日(水)

  30,161 byte8月27日に、札幌の北海道立近代美術館で開催された「没後40年 レオナール・フジタ」展を見た。
藤田嗣治(1886-1968)のことは、いわゆる“名前だけ”だった。だいたい名前だって「つぐはる」ではなく「つぐじ」だと思っていた。
8月の末は、私にとってはまだまだ忙しい時期だったのだが、どうしても見たかった。それは、作品を見たいのはもちろんだが、藤田嗣治の生き方そのものに興味があったからだ。
見終わった感想は、「無理して、行って良かった」なのだが、作品については、もう少し自分の中で、熟成させたいと思っている。
帰りに、「藤田嗣治「異邦人」の生涯」を買ってきた。
今は、この本にはまっている。
まだ、半分ぐらいしか読んでないが、おもしろい。
ズルイ!今でもパリはパリなのに、もっともパリらしい時代に生きた藤田嗣治は!それもパリのど真ん中で!(すいません。ちょっと、興奮しました。あ〜、パリに行きたい!)

藤田嗣治→モデルのキキ→マン・レイ
藤田嗣治のまわりをウロウロしていると、モデルのキキ(1901-1953)に出会った。ついつい「モンパルナスのKIKI」も買ってしまった。
「キキと言えばマン・レイ」らしく、「マン・レイ (美の20世紀 11)」も買ってしまった。
この写真集がスゴイ!
マン・レイ(1890-1976)については、何枚かの写真は見ているが、意識してまとめて見ることはなかった。
なんで、マン・レイ!なのか、少し分かった。
1920〜30年ぐらいのパリの雰囲気に、もうちょっと酔ってみます。
 

■ 「QUIET TRIANGLE CONCERT IN 富良野」 by富良野のオダジー 2008年09月15日(月)

  61,462 byte「QUIET TRIANGLE CONCERT IN 富良野」がいよいよ一週間後に迫ってきた。
このコンサートは、富良野出身のヴィブラフォーン奏者の浜田均、フルートの赤木りえさん、そしてギターの古川麦(ばく)さんのトリオでの演奏だ。
9月22日(月)午後7時より、富良野演劇工場で開催される。
ワイワイ日記でも紹介したCD「Quiet Triangle」の記念コンサートでもある。
CDはCDで良いのだが、やはり、“生”で聞く音楽はまた格別だと思う。
皆さんも是非、会場に足を運んでください。
 

■ 十勝岳連峰08.09.10 by富良野のオダジー 2008年09月11日(木)

  48,363 byte昨日寝るときに、「足が冷たい!」と思い、毛布の裾を足に巻き込んだ。
へ、へ、いよいよ異常に暑い日とも、おさらばだ。今度こそ、「寒い! 寒い!」を連発する、いつもの富良野に戻るぞ、と寝た。
案の定、朝はヒャっとして、鼻歌まじりで、出勤した。
それが、どうでしょう。
風はあるものの、日差しは夏のように暑い。気温はついに、30度近くまで上がったようだ。あ〜、暑い!
どこまで、続くんだぁ〜。
写真は、昨日の十勝岳連峰。見る角度は違っても、ほぼ毎日見ながらの生活だ。
「大きい風景の中で生きていると、大きい気持になれるんだろうなぁ」と、思う人がいっぱいいると思うけど、「そんなの、関係ねぇ」(もう古い?)だ。
大きい風景の中で、小さい気持で生きているって、なんだか、なおさら悲しい・・・。なんてねっ!
 

■ 9月最高気温説 by富良野のオダジー 2008年09月08日(月)

  27,311 byte今朝、外に出たらヒャッとしたので、9月に入ってからの異常な暑さも今日で終わりかと思っていたら、昼近くからまた気温が上がりだした。
現在、1時ちょっと前で、25度は越えているはずだ。あ〜、暑い!
近くの郵便局に振込みに行ったら、「暑いねぇ」と話しかけられ、「私も富良野に長く住んでいますが、9月にこんなに暑い日が続くのは記憶にありません」と、ついつい答えてしまった。
案の定、向こうも気を使って、会話は続いた。
「昨日でしたか、いや、一昨日でしたか、夜中の気温が25度もあったんですよ」「えっ、暑かったけど、25度もあったのですか。熱帯夜じゃないですか。そういえば、いつもは寝る前に窓は閉めるのに、窓を開けたまま寝ました。それでも暑かった」
こういう場所では、「暑いねぇ」に対し、「暑いですねぇ」と答えれば、それで良い。
他にお客さんは誰もいなく、ご夫婦二人でやっている小さな郵便局で、顔見知りでもあるので、会話を引っ張ってしまった。
それと、これには、伏線があった。
それこそ2、3日前に、妻に対し、「55年間も生きているけど、9月に富良野がこんなに暑かったことはない。おそらく、今までで今年が一番暑い」と言った。「そうだねぇ」という返事しか想像していなかった。
ところが、「去年が暑かったか、寒かったかも、覚えていないのに、生まれてから今までのことなんて覚えてないわ」と、私の9月最高気温説にのってこない。
「オレだって正確には覚えてないが・・・。いや、今年が一番暑い!」と食い下がる私に、「証拠でもあればねぇ・・・」と冷ややかに言った。
このことが頭を離れず、なんとか証拠はないものかと思っていた矢先の郵便局である。郵便局のご夫婦は、「そうかも知れませんね、9月のこんな暑さは、経験ないかもしれませんねぇ」と、私の9月最高気温説に同意してくれたが、それが証拠になるとは思えない。
インターネットのヤフーに「富良野 9月 気温」と打ってみたが、調べたいものは出てこなかった。
そうだ! 富良野にも、几帳面に何年も続けて、日記帳などに毎日気温を付けている人がきっといるはずだ。
もし、そういう人を知っていたら、教えて下さい。
それにして、暑いなぁ〜。
 

■ キャベツ、かぼちゃ by富良野のオダジー 2008年09月08日(月)

  25,834 byte昨日の夕方、上富良野の農家さんを訪ねた。
ロールキャベツに使うキャベツをもらうためだ。
昨日は市場が休みのため、普段は収穫しないのだが、私のためにわざわざ獲ってくれた。ありがたい!
キャベツが置いてあった倉庫に、たまたま、かぼちゃの「味平(あじへい)」があるのを見つけた。聞いたら、売ってくれると言うので、それも車に積んでもらった。
かぼちゃは、かぼちゃプリンのため、昨年ももらったのだが、10月を過ぎてからだった。
昨年の品種は「雪化粧(ゆきげしょう)」だったので、時期的に味平より遅かったのかもしれない。
今年は雪化粧は作らなかったらしいが、おいしいかぼちゃなら、もちろん、味平でもかまわない。
地元野菜は、タイミングさえ合えば、割と簡単に手に入るが、欲しい時にいつでもあるわけではないので、ややこしい。
農家さんから収穫時期などの情報を聞いておいて、自分の室(ムロ)に入れたり、加工したりと、けっこう大変なのだ。
写真は、行く途中の十勝岳で、山にかかる雲があまりに“厳か”だったので、シャッターを切った。
 

■ ふらのじゃがいもピザ by富良野のオダジー 2008年09月06日(土)

  42,161 byte今年の初めに、ワイワイ日記で紹介した「ふらのじゃがいもピザ」を小さく(直径14cm)して、麓郷の森「森のキッチン」で提供することにした。
手で持ちながら、そのまま食べてもらうイメージだ。
このピザは、生地の素材に富良野産じゃがいもをたっぷり使っている。トッピングには、我が手作りソーセージ、富良野産の玉ネギ、プチトマト、コーンなどをのせている。
フォーラムフラノでも、けっこうな人気メニューだし、富良野らしいものなので、麓郷の森のお客さんにも喜んでもらえると思う。
 

■ かんのファームはきれいです by富良野のオダジー 2008年09月03日(水)

  60,685 byte今年の夏は、双子の長男がまず帰郷し、その後次男が帰郷し、そして一度東京に戻った長男が再び帰郷し、最後に娘も帰郷した。
今年の小田島家は、帰郷ラッシュだった。
今年の娘に続いて、来年は子供たち全員が就職することになるので、子供としての帰郷は今年が最後だ。(やれやれ、ホッとした。後は、野となれ、山となれ、だ)
今日、富良野に残っていた次男が東京に帰った
子供たちが帰郷する度に、旭川空港に送り迎えに行った。その途中にかんのファームがあるので、何回か寄っては、写真を撮った。
もう9月だというのに、写真のように、花がきれいです。このワイワイ日記で何度も書いたが、ほうき草もだいぶ大きくなったような気がする。
もう少しすると、ほうき草は茶色になるのでしようね。
今後も、ほうき草の紹介を続けます。(そんなに、ほうき草に興味はないか・・・)
 

■ 久し振りの快晴! by富良野のオダジー 2008年08月31日(日)

  35,826 byte富良野もここ何日かあまり良い天気ではなかった。
一昨日だったと思うが、明け方、激しい雨も降った。
今日は、朝から快晴!
でも、暑かった!
8月の終わりなのに、こんなに暑いなんて、ちょっと信じられない。
なんて思っていると、ガクッと寒くなって、何日か経つと、今度は寒い、寒いを連発しているかもしれない。
それにしても、暑い!
写真は、富良野農場の前の畑から。今日の朝も、ブルーベリーを摘んだ。
ブルーベリーの収穫も、もうそろそろ終わりだと思うけど、まだけっこう沢山なっている。
頑張って、収穫しなくては!
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -