■ 秋吉敏子&ルー・タバキン・ビッグ・バンド「ロング・イエロー・ロード」 by富良野のオダジー 2011年01月10日(月)

  61,955 byteそれほど、寒いとは思わなかったが、朝方、マイナス15度ぐらいになったようだ。
毎年、このぐらいの温度だと、どこも凍ったことがなかったのに、フォーラムフラノの洗面所の排水管が凍ってしまった。水が流れず、床に溢れたのだ。
知り合いのポンプ屋さんに電話したら、あいにく、他の仕事の最中で、来てもらうのは無理そうだった。
電話で状況を話したら、凍っている箇所をドライヤーで暖めたら良いと言われた。
排水管がどんな風になっているのか、床下も覗いてみた。床下からも暖めた方が良さそうだ。
どうも本格的なことになりそうなので、ヘアードライヤーとともに、作業服のツナギも自宅から持ってくることにした。
投光機を取りに、工場に寄ってみると、なんと、ジェットヒーターがあった。大きさもちょうど良い、コンパクトサイズだ。
知らなかった。
おそらく、昨年7月に亡くなった父が使っていたのだろう。「父さん、ありがとう」と、手を合わせて、車に積んだ。
床下からジェットヒーター、上からはヘアードライヤーで暖め、そして沸騰したお湯も流した。
お陰さまで、無事、開通!
こんなことになるとは、夢にも思わず、暢気に朝一番で、聞いていたのが、秋吉敏子&ルー・タバキン・ビッグ・バンド「ロング・イエロー・ロード」
このレコードは、時々、思い出したように聞いている。
いつ聞いても、やっぱり、いい。
1974、5年に録音されたものだが、この時期のジャズって、ホントに素晴らしいレコードがいっぱいある。
モダンジャズが1950年代の終わりから、60年代に全盛期を迎え、その後、それまでの多様なジャズを踏まえた新しい、“垢抜け”た感じのジャズが1970年代に出てきた。
フリージャズからクロスオーバーまで、色々なジャンルが、60年代とは違った展開をみせていた。
ジャズの年代で、1975年なんていうと、新しいと感じるが、もう、35年も前なんだ。
「ロング・イエロー・ロード」は、まったく新鮮に聞けた。音楽としては、完成されているからでしょうね。
 

■ ハウスの除雪 by富良野のオダジー 2011年01月08日(土)

  31,944 byte一昨日のワイワイ日記に、ビニールハウスのことを書いたが、今朝、ちょうど回りの除雪をしていた。
かなり大きな除雪機のようだ。
勢いよく、雪を吹き飛ばしていた。
 

■ 今の富良野はこんな感じ by富良野のオダジー 2011年01月08日(土)

  37,574 byte昼過ぎ頃から曇ってきたが、朝は陽が射していた。
写真は、自宅前から撮ったもの。
道路は、市の除雪車がきれいにしてくれるので、雪は積もっていない。
除雪車でかき切れない(取り切れない)雪が、道路の両側に少し残っている。
昨日、一昨日と雪が降ったが、それでも、やはり、今年の積雪量は少ないと思う。
会社に向かう途中、妻がなにかの話から、「ふんぱつ」という言葉を使った。
「ふんぱつって、今はあまり言わない言葉だよね。漢字もイメージ出来ないれど、もしかしたら、宗教から出てきた言葉かもしれない」などと、私はふんぱつに反応してしまった。
それで、早速、ネットで調べた。
奮発。
なんだ、これなら、そんなに大騒ぎすることでもなかった。
でも、私は言ったり、書いたりしない言葉だ。
そうか、ちょっと考えると、分かった。
ここ何年も、奮発して物を買ったり、奮発して誰かに何かを贈ったこともなかった。
私にとって、死語になっていただけかもしれない。
 

■ 1月4日の写真その5 by富良野のオダジー 2011年01月06日(木)

  26,243 byte写真その4と同じ場所。
この木を撮るのに、ズームレンズで、寄ったり、引いたり、色々試したが、この構図が一番気に入った。
まあ、1月4日は、久し振りの“大漁”だった。
この次の大漁を目指す日は、ガクンと、マイナス25度ぐらいにまで冷えた日だろう。
今年はそんなに冷える感じはないが、2月になれば、何日かはあると思う。
 

■ 1月4日の写真その4 by富良野のオダジー 2011年01月06日(木)

  20,196 byte場所を変えて、いつもの自宅近くの空知川堤防に行きました。
ここのモヤと空の状況はこんな感じだった。
前の写真の場所と1kmも離れてないのに、雰囲気は全然違った。
モヤに浮かんだ山の頂上の白さが、きれいだった。
 

■ 1月4日の写真その3 by富良野のオダジー 2011年01月06日(木)

  19,262 byteなんとなく、こんなカットも撮ってみました。  

■ 1月4日の写真その2 by富良野のオダジー 2011年01月06日(木)

  18,187 byte写真その1の太陽を左上に撮ったもの。
このハウスは、少し前にも撮って、ワイワイ日記で紹介した。
その時、こんな冬に何を作っているのだろうと疑問に思ったが、答えが分かりました。
作物は何も作っていません。
冬中、ハウスをかけて、土を今の状態に保ち、時期を見て、苗を植えるそうだ。
大雪が降れば、夜中でもすぐに雪かきをして、強風が吹けば様子を見て、最悪、飛ばされると思ったら、ビニールを破いて、ハウスの骨材を守るという。
なるほど!
この写真、割りと気に入ってます。
 

■ 1月4日の写真その1 by富良野のオダジー 2011年01月06日(木)

  12,396 byte一昨日の写真をまとめて紹介する。
朝、8時過ぎ、雪かきをしていた妻が、途中で戻ってきて、「雪が降って、一面モヤっていて、モヤの向こうに太陽が出ていて、なんか、いい写真が撮れると思うのだけど・・・」と、ワザワザ教えてくれた。
ちょうど、私も雪かきをしようと着替えが終わったところだったので、そのまま、とりあえず写真が撮れそうなところまで車を走らせた。
あまり遠いところだと、モヤが晴れてしまう。
まず、空知川とモヤはどうだろう、と思った。
この写真は、モヤに隠れている太陽。
まずは、太陽そのものを撮ってしまった。
 

■ こんな雪 by富良野のオダジー 2011年01月06日(木)

  28,703 byte年末も降っていたけれど、あんまり記憶にない雪が、今日も降ってきた。
写真の雪がそうだ。
雪が一つ一つ粒々になっている。みぞれの雪バージョンのような感じか。
0度ギリギリの雪だと、粒々にならず、ベタっとた雪になるし、もっと冷えてると、フワフワの雪になると思う。
何かの条件で、こんな雪になるのだろう。
ただ、この雪を見て、すぐスウェーデンのストックホルムが浮かんだ。
もう20年ぐらい前になるが、写真家の那須野さんと一緒に、北欧に撮影旅行をしたことがある。
ある生命保険会社から依頼されたカレンダー制作のためだ。
ストックホルムに降っていた雪はずっとこんな感じの雪だった。
富良野の雪とは全然違うと、思っていた。
でも、この雪のお陰で、ストックホルムの街の記憶がはっきりよみがえった。
特に、昔ながらの中世の建物が建ち並んでいるガムラスタン(旧市街)は、歴史の重みがあり、しっとりした街並みが、すぐに気に入った。
もう一度、行ってみたいところの一つだ。
あっ、そうだ。
ノーベル賞関係のニュースの時も、「あっ、ここ行った」とか、一人でちょっと盛り上った。
その時、撮影された写真の一部が那須野ゆたか写真集「夢のとき」/North Europe & Canadaに載っている。
今はもう雪がやんだみたいだ。
 

■ 雪が・・・ by富良野のオダジー 2011年01月03日(月)

  42,366 byte昼過ぎから雪が降ってきた。
息子の一人は、昨日、札幌へ戻り、今日から仕事をしている。東京の息子は、明日、戻る。
賑やかだった母の家も、明日からは平常通りだ。
山があれば、谷がある。
若いうちは、どってことないが、歳を取ると、やはり、ちょっと寂しく感じる。
私でさえ、そうなのだから、母はもっと寂しく思うだろう。
年末年始のMVPは、間違いなく母だ。
年末には、おせちを作り、年が明けてからは朝食と夕飯を作ってくれた。
普段は朝食を取らない私が、三日続けてちゃんと食べた。
フォーラムフラノも、思ったより、沢山のお客さんが来てくれた。
今は、7時半過ぎだが、外国の方が6人で食事をしている。
とにかく、今年は新しい仕事に挑戦することになると思うので、とことん頑張らなくてはならない。
新年の誓いである。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -