■ ミニトマト用の資材 by富良野のオダジー 2013年05月03日(金)

  85,639 byte一昨日(5/1)の朝、ヨコジーと一緒に、我が畑のトマトの苗を譲っていただけるトマト農家さんに行ってきた。
今やっている作業を見せてもらった。とにかくビニールハウスが広い(長い)。100m以上ある。しかも何棟もある。女の人が5人で定植作業をしていた。
アーチ型の支柱を何本も立てて、それにビニールテープを巻く。このビニールテープに伸びたトマトの茎を留めていくのだ。
ビニールマルチや潅水ホースのことも聞いた。私の“ねらい”は、プロ中のプロとまったく同じやり方で栽培することだ。「家庭菜園」とは次元が違う。
写真は、農協の資材部から買ってきたプロ用の資材。今年は、ビニールマルチはおそらく20m、潅水ホースは40mしか使わないのだが、それぞれ200mが最小の単位。
ちょっと躊躇したが、「プロと同じもの」にこだわる。
写真には写ってないが、アーチ状の支柱も注文した。トマト農家さん用の特注品だ。
うれしいことに、いつでも見に来ても良いと、農家さんは言ってくれた。本物をリアルタイムで勉強しながら、栽培することが出来る。
正に、富良野ならではの醍醐味だ。
今後もワイワイ日記で「ミニトマト栽培記」を紹介するので、お楽しみに!
 

■ やっと、ビニールハウスをかぶせた by富良野のオダジー 2013年05月03日(金)

  58,636 byte今朝も小雪がちらつく寒い天気だった。
山形の天香園でサクランボの修業をしている息子が、天香園・富良野農園の管理のために、富良野に来ている。山形のサクランボの収穫時期(6月中旬頃から)には、一度山形に帰らなくてはならないが、それが終わったらまた富良野に戻る予定のようだ。
その息子に手伝ってもらって、やっとハウスのビニールをかけることが出来た。
ゴールデンウィークが終わってから、ミニトマトの苗が50本届く予定なので、ギリギリセーフという感じだ。
あいにく雪混じりの雨にに加え風も強く、ビニールが風にあおられ、大変だった。
昨年はヨコジーがやってくれたので、“自力”でやるのは初めてだ。「まあまあの出来」だと思う。とりあえず、骨組みの支柱材はビニールで覆われてはいる。
プロのヨコジーが見たら、苦言があるかもしれないが、少し要領が分かったので、来年はもっとうまくいきそうだ。
何でもそうだが、やはり自分でやってみないと、なかなか憶えない。作業的にはまだ残っているので、明日の朝に残りをやって、その後にミニトマトのための畝(うね)作りをしようと思う。
フォーラムフラノは、昼過ぎまでお客さんが来なかったが、1時近くになってから5、6組来てくれた。アルバイトの女の子もスタンバイして、気合い満点でお待ちしていますので、よろしくお願いします。
それにしても、天気が悪いねえ〜。
 

■ 昨年、獲り忘れたニンジン by富良野のオダジー 2013年04月29日(月)

  84,735 byte畑の草を取っていたら、ニンジンの頭が見えた。
スコップで掘り上げてみると、立派なニンジンだった。
冬の間、ずっと雪の下で埋まっていた。
正に、越冬ニンジンだ。
どんな味がするか楽しみだ。
 

■ 畑仕事 by富良野のオダジー 2013年04月29日(月)

  71,351 byte先日ヨコジー(我が農業の師)と、今年の畑の打ち合わせをした。
今までも何回か書いているが、今年のビニールハウスはミニトマトだけを作ろうと思っている。
早い時期に、トマト農家の“プロ用”の苗を50本頼んでおいた。ヨコジーの知り合いの農家さんで、ヨコジーが太鼓判を押す苗だ。品種は「さくら」。
もうすぐ届くことになっているが、さっきヨコジーから電話がきて、明後日(5/1)その農家さんのハウスを見学に行くことになった。
ヨコジーが手配してくれたのだ。
私が実際の現場を見たいとヨコジーに話していたのだ。
うれしい!
ビデオを持って行ってくる。
写真は今朝、ミニトマトの苗50本を植えるための畝(うね)を作ろうと準備しているところ。
今朝は畑を測量して、畝の部分にビニールテープを張って、少し作業したら時間になってしまった。
明日の朝は、鍬とスコップで畝を作る予定だ。
これが、けっこうな力仕事になりそうだ。
頑張らなくては!
 

■ ニンニクの芽が出た by富良野のオダジー 2013年04月27日(土)

  65,356 byte昨年の11月に植えたニンニクの芽が出てきた。
特に、実験用の土(石)は難しいと思っていた。
今のところ、普通の土(隣)と変わらない感じだ。
今後の生育が楽しみだ。
 

■ いよいよ畑仕事 by富良野のオダジー 2013年04月27日(土)

  55,867 byte昨日の朝から、「朝作業モード」のスイッチが入った。
やらなければ!と思いつつも、なかなかその気にならず困っていた。
ありがたい事に、昨日スイッチが入ってくれた。
何事もイヤイヤやるのは良くない。「さぁ、やるぞっ!」と気合いが入らないとダメだ。
どこから、やってきたのか自分でも分からないが、とにかくやる気になったのだ。
昨日はまず、フォーラムフラノのテラスに設置してあるガス灯型の電灯を移動した。高さ2mぐらいある電灯なのだが、以前修理した時に立てる場所を間違ってしまい、日除けのテント(くるくる回すと出てくるタイプ)がちょうどぶつかる。
ずっと気になっていたが、テラスの板をドリルで穴を開あけ直し、電灯をボルトで締めたりと、けっこう面倒な作業なので、グズグスしていた。
でも、これですっきりした。
その後、麓郷の森に行って、ドアノブを修理したり、丸太をチェンソーで切って片付けたりした。
今朝は、昨年の11月に仕込んだ堆肥がまだ出来上がらなくて、苗を植えるのに邪魔なる(計画では堆肥を畑に鋤き込むことに)ので、ハウスから外に運ぶことにした。
写真のように、一輪の手押し車(ネコ)で運んでは入れる、運んでは入れる、を繰り返した。
二箱あるが、今朝は一箱だけ。もう一箱は明日の朝だ。
それが終わったら、ハウスにビニールをかぶせなくてならない。
もうすぐ、ミニトマトの苗が50本!届く。今年は、ミニトマトだけを育てるつもりだ。
しばらくは、朝作業が続く。
 

■ 「麓郷の森」の福寿草 by富良野のオダジー 2013年04月27日(土)

  89,530 byte今日からゴールデンウィークに入る。
富良野は生憎の天気。雨がぱらつき、強い風。フォーラムフラノの玄関のドアが風でこじ開けられた。
ちゃんと締めてあるのに、少しの隙間から風が入り込んでくるのだ。
なにしろ、寒い。
天気予報を見ると5月3日頃から少し暖かくなりそうだ。せっかくの連休なのだから、晴れて、暖かくなってほしい。
写真は、「麓郷の森」の福寿草。今週も何回か麓郷の森に通った。妻から、「福寿草が咲いているよ」と言われ、カメラを向けた。
この時期、そこかしこに福寿草が咲いている。北国にもやっと花が見られるようになってきた。
これからは、草花をバンバン撮ろうと思う。
次は、ザゼンソウ、カタクリ、そしてエゾエンゴサク。
もう咲いているかなぁ。
近々探してみます!
 

■ 山部から芦別岳 by富良野のオダジー 2013年04月22日(月)

  32,788 byte今日は朝から「麓郷の森」での作業だった。
写真は、作業が終わってから、山部(やまべ)に用事が出来、その帰りに撮ったもの。
夕陽がちょっと芦別岳を荘厳な感じにしていた。
明日も晴れそうだ。
 

■ いつもの空知川堤防 by富良野のオダジー 2013年04月22日(月)

  50,103 byteこれは、昨日の朝の写真。
昨日アップしようと思っているうちに、ついつい忘れてしまった。
久しぶりの快晴だったので、迷わずいつもの空知川堤防に向かった。
芦別岳がきれいだった。
 

■ 朝は雪だった by富良野のオダジー 2013年04月20日(土)

  74,323 byte今日の朝10時頃、雪がまとまって降ってきた。
まだストーブはつけているし、朝と夕方は薪ストーブを燃やしている。
まだまだ、けっこう寒い。
昨日は、仕事の打ち合わせがあって、南富良野に行ってきた。
せっかく行くのだからと、少し早めに出発して、「フォーチュン・ベーグル」で、ベーグル+コーヒーという豪華な朝食をとった。
オーナーの土屋さんと話していて、前回はいつ頃来たということになった。私の記憶では、昨年は来れなかったけれど、一昨年は来たと思っていた。
「確か、仕事で写真を撮ることになって、朝早く来ましたよねぇ」と話した。
富良野に戻ってから調べてみたら、「かなやま湖のベンチ」にその日のことを書いていた。日付を見ると、2010年06月19日(土)になっていた。
ということは、一昨年ではなく、さらにその一年前。
まあ、あっという間に時は過ぎていく。
でも、相変わらず、美味しいベーグルだった。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -