■ ロバータ・ガンバリーニ「You Are There」 by富良野のオダジー 2010年04月25日(日)

  44,760 byte昨日は日中も雪が降っていたが、今日も、ちょっと寒い。
昨日のワイワイ日記に書いたが、今朝の北海道新聞の一面にも、全道的に4月の気温が低く、農作業が遅れていると、載っていた。
去年の今頃のワイワイ日記を見てみると、エゾエンゴサクを島ノ下となまこ山で写真を撮っている。
今年はおそらくまだだと思うけれど、近々見に行ってこようと思う。
写真は、ボーカルのロバータ・ガンバリーニの「You Are There」
どういう訳か、同じデザインのジャケットで「ラッシュ・ライフ」というタイトルのCDも出ている。
両CDとも全14曲で、私の大好きなピアニスト、ハンク・ジョーンズとのデュオである。
「ラッシュ・ライフ」の方に、ライブ録音が4曲入っている。
「ラッシュ・ライフ」が先に発売され、その後にスタジオ録音だけの「You Are There」が発売されている。おそらく、「ラッシュ・ライフ」に収録されなかった曲も素晴らしかったので、スタジオ録音で統一したCDということで、「You Are There」を作ったのだろう。(もしかしたら、「ラッシュ・ライフ」は日本版だけかもしれない)

ロバータ・ガンバリーニ
イタリア、トリノ生まれ。2005年11月発売のデビュー・アルバム「イージー・トゥ・ラヴ」で史上初、スイングジャーナル誌ゴールド・ディスク、ジャズ・ディスク大賞の2冠に輝く。「イージー・トゥ・ラヴ」は2006年のグラミー賞ジャズ部門にノミネートされる。

私のジャズフレンドからもらったメールに、ロバータ・ガンバリーニのことが書いてあり、ボーカルのCDはあまり買わないが、“試し”に買ってみた。
夜聞くには、ぴったりの感じだ。
たまには、ボーカルもイイね。
 

■ 麓郷の森「ふきのとう」 by富良野のオダジー 2010年04月24日(土)

  52,210 byte麓郷の森の草花第二弾は、ふきのとう。  

■ 麓郷の森「福寿草」 by富良野のオダジー 2010年04月24日(土)

  82,125 byte今日は、「麓郷の森」で、作業をした。
倒れている木をチェンソーで切ったり、水が溜まっているところに砂利を入れたり、けっこう疲れた。
明日も、笹刈りをしようと思っている。
ゴールデンウィークに向けて、ちょっと忙しい。
写真は、麓郷の森で見つけた「福寿草」。
昨年も雑草(草花)を見つけては紹介したが、今年は、季節を追って、意識的に紹介しようと思う。
ご期待下さい。

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)
・キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。1月1日の誕生花。
・春を告げる花の代表である。そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
・根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。しかし、毒性(副作用)も強く素人の利用は死に至る危険な行為である。
・花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。
・地面から芽を出したばかりの頃をフキノトウと間違えて食べたら、中毒を起こす。
 

■ 4月23日の上富良野 by富良野のオダジー 2010年04月24日(土)

  28,479 byteこの写真は、旭川空港から富良野に戻る途中に撮ったもの。
いつもの写真ポイント。
雪は融けてはいるが、土の乾きが遅く、農作業が出来ない状態なのだろう。
今朝の富良野は寒く、北の峰スキー場の中腹近くまで、雪が降っていたし、麓郷にも雪が降った気配があった。
あ〜、寒い。
 

■ 一週間振り by富良野のオダジー 2010年04月24日(土)

  30,775 byteワイワイ日記の書き込みが、なんと!一週間振り。
日記なのだから、毎日が原則だが、一週間振り。
これには少し訳がある。20日〜23日まで、上京していたのだ。
写真は、20日の上富良野。
東京に行ってから、ワイワイ日記を書こうと、旭川空港に向かう途中、慌てて撮ったのだが、結局、バダバタして、ゆっくりパソコンの前に座ることが出来なかった。
東京は、暑かったり、寒かったり、雨降ったりで、富良野と一緒で、天候が不順だった。
今日、農家をやっている妻の実家のお姉さん夫婦と会ったのだが、いつもの年より二週間ぐらい農作業が遅れているそうだ。
義兄が、あきらめとも、冗談ともつかぬ感じで、「今年のゴールデンウィークは連休が取れそうだ」と笑っていた。毎年、ゴールデンウィークはタマネギの植え付けのピークに当たる。
やはり、今年の天候不順の影響は深刻だ。
今年の農作物は、どうなることやら・・・。(ちょっと心配)
 

■ アーチー・シェップ「TRUE BALLADS」 by富良野のオダジー 2010年04月17日(土)

  43,035 byte全国的な天候不順。
富良野も雪が降ったり、暖かくなったりで、どれが本当の、正しい4月の天気なのか、分からなくなった。
昨日と今日、「有機無農薬循環農法」を教えている方と、フォーラムフラノでお会いし、お話を伺った。
語り口が痛快で、どんどん聞き入ってしまった。こちらの質問にも明快に答えてくれて、本当に楽しい時間を過ごした。
今後、お世話になる“予感”がヒシヒシする。こういう方と出会えるとうれしい!
なにか始めるかもしれないので、その時はワイワイ日記で紹介します。
最近、はまっているCD、テナー・サックスのアーチー・シェップの「トゥルー・バラード」
日本のレーベルである「ヴィーナス」が、「ヴィーナス・ジャズ・ジャイアンツ・シリーズ 紙ジャケット・コレクション 1500」と銘打って、1500円の廉価盤を出した。
アーチー・シェップのヴィーナス盤では、「フレンチ・バラッズ」を昨年購入していた。それも気に入っていたが、廉価盤ということで、「トゥルー・バラード」を含めて、3枚も注文してしまった。
あと2枚も届いているが、まだ聞ける時間がない。
ワイワイ日記では、他に、一昨年も「アーチー・シェップ」に書いている。
それにしても、アーチー・シェップの吹き方はワン・アンド・オンリーだよねぇ。
 

■ 中富良野 by富良野のオダジー 2010年04月15日(木)

  23,518 byte昨日の中富良野の風景をもう一枚。
なんと、4月14日の風景ですよ。
 

■ ヤドリギ by富良野のオダジー 2010年04月15日(木)

  32,675 byte昨日はなんと、吹雪!
写真は、昨日の中富良野。
左端の木には、ヤドリギがいっぱいあった。
以前から気にかかっていたが、ヤドリギを調べてみた。

・樹木の幹や枝の中に根を下ろした灌木のような姿の植物である。緑の葉を持っているものが多いので、半寄生植物とされる。
・繁殖は主に果実を食べる鳥による。
・種子は粘着質のガムであるビシン (viscin) で覆われており、これが固化することによって宿主となる樹木の樹皮に付着しやすくなっている。
・ヤドリギの実が宿主の枝や幹の上にとまらなければ発芽しない。

ヤドリギって、そういう植物だったんだ。
なんとなく、鳥の巣のようなものだと思っていた。(私だけ?)
 

■ 強風と雨 by富良野のオダジー 2010年04月13日(火)

  55,667 byte3月の末にもすごい風が吹いて、農業用のビニールハウスが飛ばされたりしたが、今日の風もすごい。
今朝、フォーラムフラノに来たら、今まで一度も倒れたことのない看板が倒れていた。重いブロックに足を差し込むタイプの看板。
どういうことなんだろう、この悪天候は。
東京でも、昨日は極端に寒く、今日は暖かい。昨日との温度差が15℃ぐらいもあるそうで、変でしょう、やっぱり。
今まで経験してないことが、起こっているようで・・・。
 

■ ふきのとう by富良野のオダジー 2010年04月11日(日)

  87,655 byte北落合の川沿いの「ふきのとう」。
ここ2、3日の暖かさで、雪も融け、ふきのとうがどんどん出てきたと思う。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -